PR

 新しいiPadが発表されましたが、その目玉の一つであるLTE(Long Term Evolution)は国内では使えません。これに対して、日本の周波数割り当てが悪いであるとか、日本のやることはすべてガラパゴスであるとかいった意見を見かけます。本当にそうなんでしょうか? 結論からいうと、日本でiPadのLTEが使えないのは、アップルの判断であり、それ以上でも以下でもありません。

 日本で携帯電話ネットワークに対応したiPadを販売しているソフトバンクが、現時点ではLTEに対応しておらず、アップルは日本で利用できる形でのiPadを生産しなかったのだと考えられます。もちろん、ソフトバンクもそうした製品を要求しなかったでしょう。LTEサービスを提供しているNTTドコモとアップルの間で話し合いがあったのかもしれませんが、結果的に、アップルは日本国内のLTEに接続できるようにはしませんでした。

 これは、日本の電波政策とか、産業政策とはまったく無関係な企業の判断です。日本のLTEの電波の割り当てがおかしいからアップルが対応できなかったということは技術的にありえないからです。

 というのは、LTEも3Gなどと同じく、世界で共通に利用しようと、各国の事情を考慮して、利用できる周波数帯を「バンド」として定義しています。基本的に、通信デバイスのメーカーは、これに従って開発を行っています。LTEと3G(W-CDMA)のバンドはほとんど一致しており、これはLTEの規格が作られたときから分かっていたことで、昨日今日決まったことではないのです。ですが、iPadなどの製品がどのバンドに対応するように作るかは、基本的にセットメーカーの判断になります。

 実際、米国では、AT&T版、ベライゾン版の2つの「新しいiPad」があります。対応周波数、通信方式が違っていて、その違いは、搭載されているファームウエアなどで決まります(若干回路や部品が違う可能性もあります)。このことから、「新しいiPad」は、複数の通信事業者向けにiPadを作り分けることができるようになっており、アップルにもその能力があることが分かります。