PR

 最近のスマートフォンやタブレットでは、「静電容量方式」と呼ばれるタッチセンサーが使われています。かつて使われていた「抵抗方式」(抵抗膜方式とも言う)と違い、表面がガラスで、センサー自体が露出しないので、壊れにくいのが特徴です。また、抵抗方式は単純なものでは1点しか検出できないのに対して、静電容量方式では、複数箇所を検出することが可能になりました。

 しかし、静電容量方式では、指でないと検出できないため、スタイラスが使えず、また、手袋などをしていると使えないという欠点もあります。逆に、指以外のものがタッチの原因になることはないため、誤動作も少ないという特徴にもなります。抵抗方式では、なんであれ、センサーに圧力をかければ、タッチされたと検出してしまいます。

 静電容量では、人体の電気的な容量を指先から計測してタッチしている位置を検出します。簡単にいうと、指を近づけると、センサーにコンデンサをつないだのと同じような状態になるのです。人間の体は、コンデンサとして静電気を貯めることができます。冬に金属のドアノブなどに触るとパチッとなるのは、人体に貯まっていた静電気が放電するためです。人間の静電容量はかなり大きく、このため、他のものが近づいたのとは違っているのです。

 ただし、ビニールなど薄いものなら、センサーと指先の間にあっても検出できます。直接電流を流して検出を行うわけではないからです。例えば、薄いビニール袋に指先を入れてタッチしても検出が可能です。また、通常の液晶保護シートなども問題にはなりません。