PR

 サムスン電子が2012年1~3月期の売り上げを4月27日に発表した。発表によると、同社の業績は絶好調。売り上げは45兆2700億ウォン(約3兆2000億円)にのぼり、営業利益は5兆8500億ウォン(約4130億円)となった。

 中でもスマートフォンの売り上げがすごいことになった。スマホや携帯電話の売り上げは18兆9000億ウォン(約1兆3300億円)、営業利益3兆4500億ウォン(約2430億円)で、最高の実績を記録。全体の営業利益の半分以上をスマホが占めることになる。「Galaxy S2」の販売台数は世界で2000万台を突破し、5.3型の大画面が売りの「GalaxyNote」も世界で500万台以上売れた。家電部門の売り上げは減ったものの、スマートTVの人気から、利益率は良くなった。一方、半導体は悩みの種で、メモリー価格下落により、売り上げも利益も減り続けている。

 同時期のスマホ世界市場販売台数ではサムスンがアップルを上回った。サムスンのGalaxy S販売台数は前期(2011年10~12月)の3650万台より伸ばして4000万台に乗った。一方、iPhoneは同3510万台を記録した。しかし純利益では、サムスンのスマホと携帯電話部門よりアップルが3倍ほど多く、サムスンも驚いている様子だった。

 純利益をさらに増加させる策として、サムスンはついに「Galaxy S3」を5月3日、ロンドンで世界初公開する。6月から世界市場で販売する。iPhone 5より一歩先に新機種を発売して市場先制効果を狙う。Galaxy S3はクアッドコアCPU搭載、4.8型画面、セラミック素材でキズに強いのが特徴である。

 サムスンが世界市場でアップルと張り合う中、中堅メーカーのパンテックは韓国市場でのシェアをぐんぐん広げている。ロンドンでのGalaxy S3公開が報道されてから、同社はスマホ新機種「Vega Racer 2」を同じ日の5月3日にソウルで公開すると発表した。時差があるので、パンテックの方がサムスンより先にマスコミに登場することになる。発売は5月10日。

 パンテックはサムスンやLGより規模が小さいだけに、いつもは発売時期をサムスンが新機種を発売しない時期にずらしていた。サムスンに真っ向からぶつかる同日公開を行うのはこれが初めてである。それだけ自信満々ということなのだろう。

パンテックの新しいスマホ「Vega Racer 2」。データ処理が速くバッテリーも長持ちするのが特徴。Galaxy S3とどちらがいいか、それともiPhone 5を待つべきか、韓国のネット掲示板は盛り上がっている
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

パンテックの新しいスマホ「Vega Racer 2」。データ処理が速くバッテリーも長持ちするのが特徴。Galaxy S3とどちらがいいか、それともiPhone 5を待つべきか、韓国のネット掲示板は盛り上がっている