PR

 同期型オンラインストレージサービスとしては、「Dropbox」や「SugarSync(シュガーシンク)が有名だ。

 グーグルはストレージ型のサービスとしてGoogleドキュメントを提供している。ファイルをWeb上で作成し、そのままWeb上に保存する仕組みだ。最新のファイルは常にWeb上にあるので、どのパソコンからでもアクセスできるメリットがある。

 同期型というのは、Web側のサーバーとローカル側のパソコンの指定フォルダーの内容を常に同じ状態に保つサービスだ。何台パソコンがあっても、ファイルを作成、更新するだけで、全部のマシンで最新のファイルを更新できる。その代わり、多くの場合、Googleドキュメントのような編集機能は付いていない。

 Googleは、Googleドキュメントに同期機能を追加した新しいオンラインストレージサービス「Google Drive」を発表した。

図1 <a href=「Google Drive」。見た目はGoogleドキュメントと同じ。上部メニューの「ドキュメント」が「ドライブ」に置き換えられている。">
図1 「Google Drive」。見た目はGoogleドキュメントと同じ。上部メニューの「ドキュメント」が「ドライブ」に置き換えられている。
[画像のクリックで拡大表示]