PR

 今使っている携帯電話番号そのままで料金が安いMVNO(通信業者から無線ネットワークの卸売りを受け、自社の通信サービスとして提供する事業者)に乗り換えできるようなった韓国では、この頃、MVNOの話題が尽きない。基本料金はキャリアの半額以下、通話料もMVNOが30%ほど安い。電話をかけるより受信することの方が多い人は、月3300ウォン(約250円)の基本料金さえ払えば携帯電話を持てる。通話料は10秒13~25ウォンと、日本円に換算すれば1~2円しかしない。

 放送通信委員会の調べによると、MVNO事業者は2012年5月2日時点で23社、加入件数は72万件を突破した。移動通信加入者数が5000万件を超えている中、MVNOの72万件はまだまだ少ないが、KT、SKテレコム、LGU+の大手通信キャリア3社ががっちり握っている移動通信市場とは違って、MVNOは事業者数が多い分、料金制度も豊富にそろっているのが特徴だ。

 LTE対応や、よりハイスペックなスマートフォンを求める人が大勢いる中、音声通話とショートメッセージだけで十分というユーザーは、安さを求めてMVNOに変更している。タンスの肥やしにしていた中古端末(SIMカードの上位互換カードであるUSIMを差し込める3G端末限定)でも加入できるので、ナンバーポータビリティーで新規加入しても端末価格の負担がないのも魅力だ。

2012年3月に街角で行われたMVNOのキャンペーン。4月より全キャリアで、今使っている携帯電話番号そのままで料金の安いMVNOに乗り換えできるようになった
2012年3月に街角で行われたMVNOのキャンペーン。4月より全キャリアで、今使っている携帯電話番号そのままで料金の安いMVNOに乗り換えできるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 放送通信委員会は、MVNOの認知度をさらに高めるため、MVNOという名称ではなく、より発音しやすく意味がすぐ通じる言葉に変えるため、一般ユーザーを対象に「移動通信再販売サービス新名称公募」というタイトルで、MVNOのニックネーム公募まで行っている。最優秀賞に選ばれると100万ウォン(約7万3000円)の賞金がもらえる。

 5月2日からは、国際電話サービスを提供しているオンセテレコムとKTが提携し、「スノーマン」というブランドのMVNOが始まった。料金制度に応じて国際電話が毎月10~30分無料になるという特典付きなのが売りである。家族の中に必ずといっていいほど留学生がいる韓国ならではの特典である。ケーブルTV大手のCJハロービジョンもスマートフォンMVNOサービスを始めた。キャリアのスマートフォン専用料金の半額ほどである。

 しかしMVNOのスマートフォンの場合、携帯電話番号を使った本人確認や携帯電話料金と種々サービスとの合算請求、金融サービスなどには対応していないため、アプリやネットの利用に制限があるのが不便だ。

 MVNO加入者が増えるにつれ、こうした不便と共に不満も浮上している。海外のMVNOに比べると料金が高い、事務手数料も安くしてほしい、料金に応じたポイント還元などの会員向けサービスがなさすぎるといったことだ。例えれば、安いだけが売りの格安航空会社を利用するか、機内食もあってマイレージも付く大手航空会社を利用するか、これに似た悩みが携帯電話業界でも起きているように見える。

■変更履歴
掲載当初、本文第1段落で「月3300ウォン(約25円)の基本料金」と記載していましたが、正しくは、日本円換算で約250円です。本文は修正済みです。[2012/05/14 17:30]