PR

 ゴールデンウイーク、今年もたくさんのデジタルフォトライブラリが増えて、今度はその整理に頭を悩ませておられる読者の皆さんも多いだろう。そんな場所を巡った後、この写真どこで撮ったのか? 場所が判然としなくなることも多いのではないだろうか。そんな時にiPhoneで撮った写真なら、簡単に撮影場所を確認できる。また、最近の新しいデジカメにはGPSセンサーユニットが組み込まれていることも多く、撮影場所を地図上に簡単に表示させれらる。しかし、GPSセンサーが付いていないタイプのデジカメで撮影したような場合はどうすればいいだろうか? 今日ご紹介する方法で、写真に位置情報(ジオタグ)を埋め込んでおくことをお勧めする。

iPhoneで撮影した写真を即座にMacに取り込むには

 iPhoneにはフォトストリームという便利な機能が組み込まれていて、撮影した写真はカメラアプリを終了させたタイミング、かつWi-Fi接続されている状態ならどんどん登録したApple IDのiCloud上に流し込まれる。従って、同一のApple IDを使っているiOSデバイスでは撮影した端からどんどん別のデバイスにも写真が送り届けられるという仕組みだ。

 Macの場合、このフォトストリームで同期した写真はMacに標準添付されている「iPhoto」に自動的に読み込まれることになっている。しかし、iPhoto以外のアプリで開きたい場合や、メールなどの別アプリに添付したい場合などは一手間増えてしまう。宿舎に帰って撮影写真をあれこれいじりたい場合などはこれが意外と面倒だ。

 そこで、この不便を解消するおまじないをかけておこう。以下の方法で、フォトストリームで同期が図られている写真がいつでもフォルダー内に転がっている、という状態にすることができる。

 フォトストリームで流れて来た写真は利用者のホームディレクトリの中の「Library」→「Application Support」→「iLifeAssetManagement」の「assets」というフォルダー内に随時納められている。そこで、この「assets」フォルダー内に納められている画像ファイルを常に検索表示させる「スマートフォルダ」を作っておけばよい。

 まずは、Finderの「移動」メニューから「フォルダへ移動...」を選び、出てきたダイアログボックスに「~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement/assets」と打ち込むと、フォトストリームの写真が納められている「assets」フォルダが開く。ここで、検索窓にイメージと打ち込むと、「ファイル名がイメージを含むもの」「種類がイメージのもの」などを探す選択肢がポップアップするので、「種類がイメージ」を選択する。検索対象が「assets」になるように指定すると、図のようにフォトストリームの写真がズラリと集まってくる。この検索作業を保存し、サイドバーに置いておけば、ここをクリックするだけで常に最新のフォトストリームが出て来る。なお、このフォルダ内の写真は他のフォトストリーム対応のアプリやデバイスなどでも使っているため、この中身を直接変更せずに、別の場所にコピーしたものを操作するようにしよう(図1、図2、図3、図4)。

図1 フォトストリームの写真が納まっているフォルダを開く。Finderの「移動」を選び、「~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement/assets」と打ち込む。この文字をコピーペーストするのが確実だ。
図1 フォトストリームの写真が納まっているフォルダを開く。Finderの「移動」を選び、「~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement/assets」と打ち込む。この文字をコピーペーストするのが確実だ。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「assets」フォルダ内のファイルで種類がイメージであるものを探す。検索窓に数文字を入れると推定される検索条件が列挙されるから「種類:イメージ」を選択する。その際、検索場所が「このMac」になってしまうので、「assets」をクリックして確実にフォルダの場所を指定する。
図2 「assets」フォルダ内のファイルで種類がイメージであるものを探す。検索窓に数文字を入れると推定される検索条件が列挙されるから「種類:イメージ」を選択する。その際、検索場所が「このMac」になってしまうので、「assets」をクリックして確実にフォルダの場所を指定する。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 先ほど行った検索作業を「スマートフォルダ」として覚えさせておこう。「保存」をクリックし、出てきた「スマートフォルダ設定ダイアログボックス」に分かりやすい名前を付け、サイドバーに追加する。
図3 先ほど行った検索作業を「スマートフォルダ」として覚えさせておこう。「保存」をクリックし、出てきた「スマートフォルダ設定ダイアログボックス」に分かりやすい名前を付け、サイドバーに追加する。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 サイドバーに置いたスマートフォルダをクリックするとiPhoneやiPadで撮った写真が即座に現れる。いちいちiPhotoを開かずに済む。これは便利。
図4 サイドバーに置いたスマートフォルダをクリックするとiPhoneやiPadで撮った写真が即座に現れる。いちいちiPhotoを開かずに済む。これは便利。
[画像のクリックで拡大表示]