PR


 東芝が新たにタブレットを発表した。4種類のラインアップの中、最も小さく軽いのが「AT570」だ。手ごろなサイズ感で、電子書籍リーダーとしても適している。いち早く借りることができたので、早速レビューしていきたい。

図1 背景画像は東芝のパソコン製品のそれに通じる鮮やかな写真。デフォルトのホーム画面には、オリジナルのアプリやウィジェットが配置されている。
図1 背景画像は東芝のパソコン製品のそれに通じる鮮やかな写真。デフォルトのホーム画面には、オリジナルのアプリやウィジェットが配置されている。
[画像のクリックで拡大表示]

RAGZA Tablet AT570の3大特徴
・薄さ7.9mm、重さ332gが持ち運びしやすい
・7.7型の高精細な有機ELディスプレイ
・約10時間のバッテリー駆動

製品名REGZA Tablet AT570
メーカー東芝
入力タッチパネル
画面サイズ7.7型有機EL(1280×800ドット)
本体寸法約W204.5×H135.2×D7.9mm
重さ約332g
バッテリー駆動時間約10時間