PR

 今回取り上げるのは「airpenPocket++」(ぺんてる)だ。airpenといえば、ガジェット好きの方にはすでにおなじみだろう。もう何年も前にパソコンに対応した最初の製品が登場し、さまざまな製品に対応するアップデートを重ねてきた。

 今回取り上げたairpenPocket++は、iPhoneやiPadに対応している。さらに、Androidとパソコンでも利用できる。最新モデルらしく、対応の幅が広く、使い勝手の良いモデルと言えるだろう。

 airpenは、紙の上に装着した専用ユニットで筆記データを収集する仕組みだ。タブレットのように直接センサーに書いて記録するわけではなく、ペンの位置を把握して筆記データを記録しているのだ。基本的にはどんな紙にも対応するが、逆にペンは専用品しか使えない。ノートなどの紙にメモリーユニットをセットし、専用ペンで筆記することになる。ペンは一般的なボールペンと思って良いだろう。書き味もごく普通である。

 以前にもairpenの別のモデルを使った経験があるが、基本的な製品構成は変わっていない。ただし、デザインはだいぶ進化しており、airpenPocket++は白を基調としたカラーで、iPhoneやiPadの白モデルと良く合いそうだ。

「airpenPocket++はデジタルペンとメモリーユニットのセットで利用する。パッケージには充電用のケーブルも付いてくる。
「airpenPocket++はデジタルペンとメモリーユニットのセットで利用する。パッケージには充電用のケーブルも付いてくる。
[画像のクリックで拡大表示]

iPhoneと比べるとサイズが分かりやすいだろう。本体カラーが白なので、iPhoneの白モデルとよく似合う。
iPhoneと比べるとサイズが分かりやすいだろう。本体カラーが白なので、iPhoneの白モデルとよく似合う。
[画像のクリックで拡大表示]