PR

 今回は、パソコンとAndroidスマートフォンを連携して利用するツールを紹介する。

 iPhoneはiTunesでパソコンと連携して、さまざまな操作ができるのだが、Androidスマートフォンにはその手の標準ツールが見当たらない。もちろん、端末メーカーが提供しているPC用ソフトははあるのだが、各社仕様がばらばらで使いづらい。端末を違うメーカーに買い換えたら、慣れるまで大変だろう。

 今回紹介する「AirDroid」は、端末のメーカーに依存せずに使える上に、なんと無料である。機能はとても充実しており、画面デザインも美しい限り。Androidスマートフォンユーザーは必携と言っても過言ではない、秀逸な1本だ。

 アプリをインストールしたら、画面にアドレスが表示されるので、パソコンのブラウザーで入力する。すると、ブラウザー上でアプリケーションが起動するので、スマホの画面に表示されたパスワードを入力するか、パソコンに表示されたQRコードをカメラで読み込めばよい。手軽なのはQRコードだ。

 これで準備完了。パソコンのブラウザー上に、デスクトップのような画面が表示される。このインタフェースでスマホをコントロールできるのだ。ただし、大前提として、スマホとパソコンが同じネットワークに接続している必要がある。

 今回は、WindowsのInternet Explorer(IE)、Google Chrome、MacのSafariでテストしてみたが、どれも同じように利用可能だった。

スマホにアプリをインストールする。画面に表示されるURLのどちらかをパソコンのブラウザーに入力する。
スマホにアプリをインストールする。画面に表示されるURLのどちらかをパソコンのブラウザーに入力する。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

URLを入力した。上がIEで下がGoogle Chromeだ。
URLを入力した。上がIEで下がGoogle Chromeだ。
[画像のクリックで拡大表示]

ブラウザー上で利用するアプリが開いた。
ブラウザー上で利用するアプリが開いた。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

アプリが英語版で使いづらければ、「Langurages」をクリックして日本語に切り替えればよい。
アプリが英語版で使いづらければ、「Langurages」をクリックして日本語に切り替えればよい。
[画像のクリックで拡大表示]

スマホでQRコードを読み込むか、PCの画面にパスワードを入力すれば利用スタートだ。
スマホでQRコードを読み込むか、PCの画面にパスワードを入力すれば利用スタートだ。
[画像のクリックで拡大表示]