PR

 モバイルノートを選ぶ際に有力候補となるウルトラブックが、富士通からも登場した。ディスプレイサイズが14型と13.3型の2種類で、今回はエントリーモデルの13.3型をレビュー。CPUはCore i3だが、ハイブリッドHDDを搭載し、SSDをストレージではなく高速処理用として利用している。

図1 富士通製ウルトラブックのうち、エントリーモデルとなる「FMV LIFEBOOK UH/55H」。13.3型と、モバイルノートとして考えると十分なサイズだ。
図1 富士通製ウルトラブックのうち、エントリーモデルとなる「FMV LIFEBOOK UH/55H」。13.3型と、モバイルノートとして考えると十分なサイズだ。
[画像のクリックで拡大表示]

FMV LIFEBOOK UH55/Hの3大特徴
・18.0mmの薄いボディーがスタイリッシュ
・2色のカラーバリエーション
・ハイブリッドHDDで処理を高速化

製品名FMV LIFEBOOK UH55/H
メーカー富士通
OSWindows 7 Home Premium 64ビット
画面サイズ13.3型(1366×768ドット)
CPUCore i3-2367M(1.40GHz)
メモリー4GB
ストレージ約320GBHDD+高速処理用SSD
本体寸法約W323×D124×H18.0mm
重さ約1.60kg
バッテリー駆動時間約6.5時間