PR

 初代iPadを購入したとき、同時に純正のケースを買ってガッカリしてしまい、それ以来、iPad関係のアクセサリーには手を出していませんでした。しかし今回、「新しいiPad」を購入したときに、スマートカバーを買って、悪くない印象だったので、他のアクセサリーにも手を出してみることにしました。

 純正のアクセサリーで、1つはiPad Dock、もう1つは「Cammera Connection Kit」(以下コネクションキットと略す)です。前者は、スマートカバーだと、角度を付けて立てられるのは横向きになってしまうので、充電中ぐらい机の上で場所を取らないように立てて置きたいからです。

 iPad Dockは、オーディオ用の出力端子とDockコネクタがあるだけで、いたって普通のスタンド。少し重量があるので持ち運びには向きませんが、机の上に置きっぱなしにして本体付属のACアダプターをつなぎっぱなしにするのには適当なサイズといえます。ただ、筆者のところには、このところ、タブレットが増えてしまい、それをなるべく立てて充電しようとしているため、なんだか、西洋のお墓みたいな感じになってしまっています。

 さて、コネクションキットですが、Dockコネクタに装着する2つのアダプターから構成されています。1つは、SDカードが入るスロットのあるもの、もう1つは、USB端子の付いたものです。サードパーティには、両者を1つにしたり、さらにminiSDやmicroSDカードが直接入るようにしたものなど、さまざまなものがあります。

 筆者は、アップル製品に慣れているわけではないので、この製品にはすごく戸惑いました。まず、ハードウエアとして見ると、コネクションキットのうちUSBアダプターは、セルフパワードのUSBデバイスしか接続できない点です。パソコンでは、基本的にUSB端子のホスト側は電力を供給できるようにしてあります。世界中のパソコンを調べたわけではありませんが、出力電流には差はあるものの、電力供給ができないUSBホストはないはずです。USB端子から電力供給を受けて動作するUSBデバイスを「バスパワード」といいますが、このデバイスを動かすためホスト側は必ず電力を供給することになっているのです。なので、筆者も、当然コネクションキットに含まれるUSBアダプターはそういうものだとばかり思っていたのですが、これは全くの間違いでした。

 USBメモリーとか、USBのマウス、キーボード、ハブなど、ほとんどのUSBデバイスは、ホスト側からの電力供給で動作します。しかし、こうしたデバイスは、コネクションキットでは利用できません。デジタルカメラなどのバッテリーを内蔵するようなUSBクライアントデバイスだけがつながります。だから、ダメというつもりはありませんが、こういうところが、パソコンユーザーから見て「謎な仕様」で「我がままな作り」に見えます。実際、iPad側にあるDockコネクタには電力を供給するための端子があり、サードパーティ製品は、これを使ってバスパワードのデバイスを接続できるようにしています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い