PR

 Androidスマートフォンには、音声でWeb検索ができる「Google音声検索」機能がプリインストールされている。使い方は簡単。ホーム画面に初期設定されているGoogle検索ボックスの右にあるマイクのアイコンをタップ。「お話しください」の画面に切り替わるので、自然な口調で話す。良好な通信環境にあれば、ほんの2~3秒で検索結果が表示される。

Google検索のウィジェットのマイクをアイコンをタップ。
Google検索のウィジェットのマイクをアイコンをタップ。
[画像のクリックで拡大表示]
音声検索が起動したら、検索したい言葉を話す。
音声検索が起動したら、検索したい言葉を話す。
[画像のクリックで拡大表示]

「ピーシーオンライン」と話した場合の認識結果の画面例。
「ピーシーオンライン」と話した場合の認識結果の画面例。
[画像のクリックで拡大表示]
Googleの検索結果画面に進み、お目当てのWebサイトにアクセスできる・
Googleの検索結果画面に進み、お目当てのWebサイトにアクセスできる・
[画像のクリックで拡大表示]

 ちょっと調べたいことがあるときや、目的地の地図を見たいときなどに役立つ機能だが、意外に活用されていないように感じる。すでにスマートフォンの操作に慣れている人は「指で文字入力した方が早い」と感じるだろうし、まだ使い始めて間のない人は、“端末に話しかける”という行為自体に違和感を覚えるかもしれない。しかし、どんな機能も操作も使い続けるうちに慣れてくるものだ。個人的に、音声入力は使い込むほどに利便性を実感できる機能と思っているので、一度や二度でなく、ぜひ一定期間試してみてほしいと思う。特に、タッチでの文字入力に慣れていないスマートフォン初心者にはお薦めだ。