PR

 「リネージュ」、「The Tower of AION」などのMMORPG(ネット上で複数のユーザーが同時に参加するロールプレイングゲーム)で日本でも有名なNCソフトの最大株主が、同じゲーム会社で日本に拠点を置くネクソンになった。ネクソンは「メイプルストーリー」をはじめ、かわいいキャラクターが登場するオンラインゲームで有名だ。

 ネクソンは2012年6月8日、NCソフトのキム・テクジン代表が保有していた321万8091株を約8045億ウォン(約560億円)で購入した。キム代表の持ち分は24.7%から10%に減ったが、代表としての経営権は維持する。

 韓国のオンラインゲーム業界では、ネクソンがNCソフトの最大株主になったことを、「サムスン電子がLG電子の株主になったようなもの」と表現するほど衝撃を受けている。ゲーム業界1位が、2位の企業の最大株主になったからだ。ネクソンは日本法人がグループの本社であるため、韓国、日本、中国で大ヒットしたリネージュを日本に売られた、と驚くネットの掲示板や記事のコメント欄への書き込みもあった。

 ネクソンとNCソフトは90年代後半にベンチャーから始まったオンラインゲーム会社である。両社ともに韓国だけでなく、日本、中国でも有名なゲーム会社に成長した。ネクソン持株会社であるNXCのキム・ジョンジュ会長とNCソフトのキム・テクジン代表は、IT企業長者番付でも1位、2位になるほど有名人だ。

 この2大ゲーム会社が手を組むことで、最近、世界市場を席巻する米国生まれの「Diablo III」(関連記事)や中国系オンラインゲームのタイトルに押され気味だった韓国産オンラインゲームが再び活性化するのではないか、何かすごいものが生まれるのではないか、という期待もある。

 というのも、スマートフォンが登場してから、韓国のオンラインゲーム市場はデスクトップパソコンでプレイするMMORPGから、スマートフォンやタブレットPCでプレイするモバイルゲームが主流となったからだ。ゲーム会社もモバイルゲームに方向転換し、MMORPGの新作はぱったり出なくなった。ゲームサイトにアクセスしてプレイする、という利用法からアプリに切り替わったのである。

 モバイルゲームへのシフトを印象付ける出来事が2012年2月、ポータルサイト「DAUM」とディー・エヌ・エー(DeNA)が提携して、「Daum Mobage」という名前でサービスを始めたことだ。韓国で有名なモバイルゲームもDeNAを通して日本のMobageでサービスされるようになった(韓国ではゲームは無料、アイテムは有料が当たり前だが、日本では青少年のアイテム課金を規制している(関連記事)ので、制度に違いに気を付けてゲーム内容を調整することもあるようだ)。

 SNSと連動するソーシャルゲームは韓国でもすごい人気で、例えば、Facebookと連動する「Rule the Sky」は、メッセンジャーアプリの「カカオトーク」と並んで、スマートフォンを買ったら真っ先にインストールするアプリの一つになったほどである。友だちと町を作り上げていく育成型のゲームで、日本では「浮島ふわりん」という名前でネクソンが2012年6月、配信開始した。