PR

 このごろ韓国で高視聴率を記録している人気ドラマの一つに『ゴースト』がある。警察庁のサイバー捜査隊が、女優の殺人から始まったミステリーな事件を解いていくという内容だ。ハッキング、DDoS攻撃といったIT社会ならではの犯罪も毎回登場する。

 DDoS攻撃に使われるゾンビPCを確保する手段としてスパムメールが使われる様子を詳しく紹介する回もあった。主婦にはネットスーパーの割引クーポン、会社員には人事異動といった内容でメールを送信し、添付ファイルをクリックするとパソコンが悪性コードに感染してゾンビPCになる。だから送付元がはっきりしないメールの添付ファイルはクリックしてはならない、アンチウイルスプログラムで定期的にパソコンをチェックしよう、というセキュリティ会社のキャンペーンのようなセリフも頻繁に登場する。

 『ゴースト』はサイバー捜査隊を舞台にしているだけに、各種パソコン、ディスプレイ、スマートフォンといったITデバイスも頻繁に登場する。スポンサーになっているのはサムスン電子のようで、俳優の顔より大きく見えるスマートフォン「Galaxy Note」と薄型ノートパソコン「シリーズ9」が主人公のマストアイテム。過去を振り返るシーンではちゃんとその時代に人気だったサムスンの携帯電話とパソコンが登場するので、「あの端末私も使ってたな~」と懐かしくなる場面もあった。

 Galaxy Noteはスマートフォンの中では最も画面のサイズが大きい5.3型。俳優の顔が小さいせいか、耳に当てると、マイクの部分が首の下にくるぐらい大きく見える。Galaxy Noteで電話する場面を見る度に「あれで声が届くかな?」と違和感がある。電子ペンが使えるので手書きメモをタイピングしたように変換してくれる、画面が大きいので電子書籍も読みやすいといった機能には引かれる。

5.3型の液晶サイズを持つGalaxy Note
5.3型の液晶サイズを持つGalaxy Note
[画像のクリックで拡大表示]

 サムスン電子の最新ノートパソコンであるシリーズ9は、台湾のCOMPUTEX 2012でも展示されて話題になった。13.3型モデルの場合、超薄型でバッテリー使用時間は7時間、電源を入れてWindowsが立ち上がるまで8.4秒しかかからないというのが売りだ。ドラマの主人公がこのノートパソコンをかっこよく使いこなしているのを見ると、広告だと知っていながらもやっぱり物欲が騒ぎ出す。

サムスンのノートパソコン「シリーズ9」の13.3型モデル。人気ドラマに登場して話題になっている
サムスンのノートパソコン「シリーズ9」の13.3型モデル。人気ドラマに登場して話題になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 日本にも輸出された、朝鮮時代からタイムスリップした皇太子の恋を描くこの春のドラマ『屋根裏部屋の皇太子』では、貧しいはずの主人公の女性が最新のスマートフォンであるGalaxy Noteを使っていた。Galaxy Noteは女優の手よりもだいぶ大きく、電話で話す場面では落としそうで見ている方がはらはらした。

 このドラマには、Galaxy Noteの電子ペンを使って動画や写真を入れて手書きメッセージを送信できる「My Story」という機能を紹介する場面が何気なく登場した。愛を告白する前の重要な場面の一つだったので、とてもロマンチックに描かれていた。Galaxy Noteにこういう機能があったのか!と使いたくなった視聴者も多かったはず。

 主人公に名前を漢字でどう書くか皇太子が教える場面でも、「こっちの方が便利」と主人公に言われ、紙とペンではなくGalaxy Noteに電子ペンで書き込んでいた。