PR

 今回は、KDDI(au)から発売中の「URBANO PROGRESSO」というスマートフォンを紹介します。「URBANO」は、auが2008年から展開している大人向けのケータイのブランドです。ちなみに、URBANOとはイタリア語で「都会」の意味で、初号機の発表会にはイメージキャラクターとしてパンツェッタ・ジローラモ氏が登場したことを記憶しています。

 シニア層をメインターゲットに、スペックを控えめにして、簡単な操作性をウリにする「簡単ケータイ」という端末がありますが、URBANOシリーズはハードウェアのスペックは比較的高めです。使いやすさを重視しながらも、持ち物にこだわる中高年層の嗜好に合わせた上質なデザインであることが特徴といえるでしょう。

 URBANO シリーズの初号機はシャープ製でしたが、その後、ソニー・エリクソン製の3モデルが発売され、それぞれ人気を集めました。今回のURBANO PROGRESSOは京セラ製で、シリーズ初のスマートフォンです。

ディスプレイの周囲は上質なメタリック調。ロック画面には大きな時計が表示され、カメラや「すぐメモ」もこの画面からワンタッチで起動できる。
ディスプレイの周囲は上質なメタリック調。ロック画面には大きな時計が表示され、カメラや「すぐメモ」もこの画面からワンタッチで起動できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 フィーチャーフォンのURBANOをご存じの方がURBANOシリーズと聞くと「操作が簡単」というイメージを抱くかもしれません。しかし、この URBANO PROGRESSOはそうでもありません。決して操作が難しいというわけではありませんが、他のAndroidスマートフォンと同等程度という印象です。フォーチャーフォンから機種変更して、初めてスマートフォンを使う場合は、たとえ、この機種を選んでも、ある程度は操作に迷うことがあることは覚悟した方がいいでしょう。

 ただし、スマートフォン初心者や中高年層が、スムーズに使いこなせるような配慮も随所に見られます。また、多くの人にとって役立つアプリもあらかじめ搭載されています。それらを含め、この端末の特徴を紹介していきたいと思います。