PR

 iPadなどのタブレットをモバイルノート代わりに使おうと考えている方は、入力性の低さに手を焼いていることだろう。パソコンに慣れている方がスクリーンキーボードで長文を入力するはかなり厳しいのだ。

 そこで、お薦めするのが外付けのキーボードだ。キーボードさえあれば、メールの返信やメモ程度の用途なら、間違いなくモバイルノートの代わりになる。Bluetooth接続のキーボードを色々と使ってきたのだが、今回紹介する「Logicool Ultrathin Keyboard Cover」は、iPadユーザーにとって、現時点で最高に近い完成度の製品だ。

 その名の通り、キーボードとカバーを兼用しているのだが、旧来の製品のような本体をくるむような形状のカバーではない。アップル純正のSmart Coverと同様に磁石を利用してiPad本体とくっつく仕組みだ。

 マイクロソフトが発売をアナウンスしているWindows 8搭載のタブレットマシン「Surface」もカバー兼用のキーボードを用意する。やはり、どう考えてもキーボードはあった方がうれしいので、今後のタブレットではこのスタイルがトレンドになっていく可能性も少なくないはずだ。

カバーを取り外して、溝にiPadを立てかける機構だが、ぐらつくことなく、しっかりと保持できるのは設計の妙である。
カバーを取り外して、溝にiPadを立てかける機構だが、ぐらつくことなく、しっかりと保持できるのは設計の妙である。
[画像のクリックで拡大表示]

Smart Cover同様に磁石を利用して本体とくっつく。
Smart Cover同様に磁石を利用して本体とくっつく。
[画像のクリックで拡大表示]

iPadは縦にも設置できる。
iPadは縦にも設置できる。
[画像のクリックで拡大表示]