PR

Amazonで1000円そこそこのアダプターを購入…

 モバイルガジェットが飯より好きな(笑)筆者。そのちっちゃなガジェットで見ているコンテンツを、大型テレビに映して、みんなに見せたいことがある。まあその代表格がiPhoneに対してのApple TV。以前も記事に書いた通り、ホントこれ、魔法のようでびっくりする。とりあえずiPhoneで見ているものを、Apple TVアイコンをタップして切り替えるだけで、大型テレビに映すことができるんだから、すごいすごい。そのうえiPhoneがリモコンになったり、いろいろ想像以上のことができるから、iOS使いにApple TVはおすすめなのだ。

 最近ではYouTubeもHD画質だったりするし、デジカメやスマホの写真も、けっこう解像度が高かったりするので、大型テレビに映しても、何の違和感もない。逆に、「こんなすごい映像(や画像)をこんなちっちゃな画面で見てたのね~」と思ってちょっともったいないなぁと思ったり。

 まあ、iOS系に関してはそんな感じなのだが、Androidも、そういうことができたらいいのにな、と思うわけだ。いろいろと再生できるファイル形式が決まってたり、ある決められた枠の中で作られたアプリしか存在し得ないiOSよりかは、Androidの方が何かと自由がきくわけだから、HDMIとかでテレビに出せたらものすごく便利なわけだ。

 青木家にはミニHDMI端子を備えたAndroid 3.0タブレット「レノボくん」がある。購入したばかりのころ、端子の変換などいろいろで面倒になってしまい、そのままになってしまっていた。それ以降に入手して頻繁に使っているAndroidスマホたちには、HDMI端子は、ない。

 ところが先日、Amazonでの買い物のついでに、「AndroidのマイクロUSB端子からHDMIを出すアダプター」というのを発見、それもまあ、1000円そこそこ、高いものでも1000円半ばで買える。「多分うまく出力できないか、もしくはすごく苦労して出力するんだろうなぁ、でもまあこの値段ならダメ元で買っちゃえ」みたいな感じで、買い物かごに入れたのだった。

図1 Amazonから翌日届いたアダプター。1000円ちょっとで、すごく小さくて軽くて、なんだかあやしい(笑)
図1 Amazonから翌日届いたアダプター。1000円ちょっとで、すごく小さくて軽くて、なんだかあやしい(笑)
[画像のクリックで拡大表示]