PR

 スマホ、特にLTEに変えてから、電池の減りが速い。電池が夕方には心細い。そこで、スマホ用充電器を三種類購入しました。しかし、電池が減るとかネットがつながりにくい、なんてのはぜいたくな悩みだなぁと思ったのは、講演会で、八女市黒木町(黒木瞳さんの出身地)のそのまた奥の集落に伺った時のこと。

 こんな看板を見つけました!! 電柱の看板が読めますか?
「まもなく開通・ケータイ利用できます docomo」

[画像のクリックで拡大表示]

 いやはや、日本はまだまだ広いぞ――!! 土地の方に伺ったら、最近開通したそうで。「携帯が通じてようやく人並みの生活ができます」と喜んでましたよ。なんかほのぼのとしました。

 さて。わたしたちの悩み、スマホ電池の減り対策です。

 最後に試すのは、乾電池式(充電して持ち歩くピンクちゃんと、ストラップ型のソーラー君の使用実験は、前回と前々回のコラムをご覧ください)。

 乾電池2個のコンパクトなタイプだ。コンセントのない場所にいる時、乾電池ならコンビニで買うことも可能なので、そんな緊急時が予想される時のためだ。
最長通話時間120分延長。使えるのは単3アルカリ電池と単3ニッケル水素電池(充電できる電池のことね)。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

 くれぐれも、充電ジャックの形が違うので、購入時はお気をつけください。
対応機種も書いてありますよ。

[画像のクリックで拡大表示]

 この充電器の特徴は、コードが長い。1mある。なので、充電器をバッグに入れてつないだまま使用できる、というのが売り。