PR

 ソウル市とビッグイシューコリアは、ホームレスに中古スマートフォンを提供する「The Big Smart~ホームレス、SNSで社会とコミュニケーションする」事業を始めると2012年6月27日発表した。ビッグイシューコリアは2010年5月から韓国でも販売されるようになった雑誌『ビッグイシュー』を発行する会社で、販売収益でホームレスの自立と社会復帰を支援している。

 The Big Smartはソウル市とビッグイシューコリアが窓口となって中古スマートフォンを個人や企業から寄付してもらい、ホームレス自立センターに入居している2000人に提供するというもの。

ソウル市とビッグイシューコリアの「The Big Smart」事業案内告知。市民や企業から寄付された中古スマートフォンで、情報の死角にいるホームレスを助けようというキャンペーンである
ソウル市とビッグイシューコリアの「The Big Smart」事業案内告知。市民や企業から寄付された中古スマートフォンで、情報の死角にいるホームレスを助けようというキャンペーンである
[画像のクリックで拡大表示]

 ウェル情報通信が同センター入居者向けに、既存基本料の6分の1ほどである月6000ウォン(約440円)のプリペイドでスマートフォンが使えるようにした。ウェル情報通信はキャリアと提携して、スマートフォンや携帯電話、Wibro(モバイルWiMAX)をプリペイドで提供している。放送コンテンツ振興財団とメディア教育研究所がスマートフォンの使い方、SNSの使い方を教える。

 第1回としてソウル市のセンターに入居しているホームレス30人を対象に、7月17日に1泊2日でスマートフォン/SNS/アプリの使い方教育プログラムを実施する。プログラムを修了した人だけスマートフォンがもらえる。