PR


 思えばMacでテレビを見るのが昔から私の夢だった。
 そして、Macでテレビ番組を録画するのが私の念願であった。

 初めてトライしたのは1996年発売、真っ黒い筐体の「Macintosh Performa 5440」。
 これは「TV/FMラジオチューナ」が搭載されており、ケーブルとかアンテナをどうにかするとMacでテレビが見られるという画期的な機種だったのだが、機械オンチの私はアパート壁面のアンテナ挿し込み口と黒Macをうまく接続できず、室内アンテナを買ってきたものの結局クリアに映らず、あっという間に「Macでテレビ視聴計画」を諦めてしまったのであった。

 だって、我が家のテレビにはビデオデッキだのDVDプレーヤーだのケーブルテレビのチューナーだのいろいろつながっていて、何本ものケーブルが複雑怪奇に絡み合っているのである。
 これをいったん外してうまい具合に分岐させてMacにつなぎ直すのはイヤだ。面倒くさい。
 その後もアレコレ試してみたものの、大抵アンテナの接続関係で挫折。

 いいかげん「Macでテレビ視聴計画」を諦めた頃、ふと世間を見渡せば、Windowsではパソコンでテレビを見るのが当たり前になっている様子。しかもWindowsユーザーの皆さんはどうやらHDDへの録画も軽々とこなしておられるらしい。
 えー、どうやってつないだのー? いいなーいいなー。Windowsなら接続も簡単にできるのー?
 この際、MacからWindowsに乗り換えちゃおうかしらん……とも思ったけれど、テレビを見るためだけにWindowsに転向するのもどうかと思い、結局もう20年以上Mac一筋なわたくし。
 さらに油断してたらいつの間にかケータイでワンセグ放送がカンタンに見られるようになっているではないか。
 長らく古いケータイを使っていた上に、最新機種を体験しないでiPhoneに切り替えてしまったのでケータイで見られるワンセグを知らないわたくし。

 その後、iPhoneでもiPadでもいくつか試してみたのだけれど、どうも思うようにテレビが見られない。
 iMacでテレビ番組を録画するソフトを使ったこともあるが、番組を録画しているとみるみるうちにハードディスクがいっぱいになっちゃうし……。
 よそはよそ、うちはうち、テレビはテレビ、MacはMac。
 そんなにテレビが見たけりゃお茶の間のテレビで見ればいいじゃんね。MacにはMacにしかできないことがあるじゃんね。ねえ。