PR

 もうすぐ夏休み。田舎に帰省しようと考えている人も多いでしょう。俺もそんな一人です。地元、新潟県上越市に帰り、笠島という海水浴場でヤドカリを捕まえたり、堤防で豆アジを釣ったり、もう心は小学生のようにときめいています。

 でも大人ですから仕事だってしなくちゃいけない。そのために田舎の実家にもネット環境がなくては始まりません。幸い親父が俺の出演している地元ケーブルテレビの営業さんに薦められて、光電話にしてくれました。当人は「俺は面倒だから嫌だったが、お前がお世話になっているんだからしかたなく入ってやった」と上から目線。しかしいくらか電話代も安くなることを知って「やっぱりこれからの時代はべジタブルだな」と何も分からないのに、うなずいてました。「父さん、ベジタブルじゃなくてデジタルだよ。電話が野菜になってどうするんですか」と思わず突っ込みを入れたくなるのをグッと我慢して、これでネットもできるとほくそ笑みました。

 しかしパソコンなど無用と考えている親父は「電話だけで結構。変なところにつながると世界中からオレオレ詐欺が来るからね」とわざわざネット環境を否定。それを知らない俺はいくら試みてもパソコンがつながらないから、頭を抱えてケーブルテレビに苦情を言うと「白鳥さん、ネットにつながってませんから」と明確な答えが。

 「お父さん、お願いですからネットも契約してください。お金は光電話の契約にすでに入ってるので無料だそうです。」

 さあ、これでパソコンが世界とつながるようになりました。俺のホームページの掲示板に書かれる中国偽ブランドコーピーの広告も地元から削除できます。

 ああ、これで満足ということなんだが、俺にはもう一つ欠かせないデジタル武器がある。それはiPadだ。今、落語家の祭典「円朝祭り」で販売する任侠流山動物園のトレーディングカードの絵をこれで描いている。帰省するころにはそのお祭りも終わっているのだが、今後まだまだカードを増やしたいので暇なときに描いておきたい。だから帰省しているときも、何枚か書いて自宅のパソコンに送りたいのだ。しかしiPadは有線LANではつなげない。無線LANにしなくてはいけないのだが、新しく無線LANのルーターを買うのはちょっともったいない。だって実家にいるの1週間だけだからね。

任侠流山動物園のトレーディングカード
任侠流山動物園のトレーディングカード
[画像のクリックで拡大表示]