PR

直井研究員(以下直井):じゃじゃじゃじゃ~ん! お待たせいたしました!

平野所長(以下平野):ようやく終わったようだね。「ビジネスメール実態調査2012」の集計が。お疲れさま。

直井:我ながらに頑張りました! 目標の1000名を突破し、有効回答数は1220名で、約7割が男性、3割が女性です。本当にありがとうございました。しみじみ。

平野:いろいろな方に回答していただけたみたいだね。早速結果を見ていこうか。

あなたが仕事上で周囲とコミュニケーションをとる主な手段を教えてください(複数選択可)

[画像のクリックで拡大表示]

直井:今年も仕事上で周囲とコミュニケーションをとる手段の第1位は「メールを送る」(97.95%)です。面白いのは「Facebookに書き込む」(25.16%)が、2011年の16.17%から8.99ポイントアップしたことです。相手によって使い分ける必要がありますが、メールの代わりにFacebookでメッセージを送る方は増えていますね。

平野:そういえば、先日、Facebook経由で講演の依頼がきたよ。以前はメールできちんと送るのが礼儀だったけれど、打診レベルはFacebookでメッセージを送るという人もいるようだ。もちろん面識があるもの同士ということが前提になるけれどね。

直井:Facebookのメッセージがメールに代わる日が来るの? なんて質問を受けることもあります。

平野:それはないと思うけどね。この話はいつか取り上げたいな。でもまぁ、今後もFacebookの動向には注目していこう。

直井:Facebookもメールも、両方とも返信するタイミングって重要ですよね。