PR

 アップルが、今秋リリースする予定のiOS 6から、YouTubeのアプリをデフォルトで搭載するのを止めるそうである(関連記事)。

 アップルは先だって、Googleマップの搭載を取り止めることを明らかにしたばかり。これで「アップルとグーグルの対立はますます激化」という見方もできるが、よく考えてみると、ことはそれほどクリアーカットではなく、テクノロジー企業間の「持ちつ持たれつ、それでいて競争する」といったたくみな事情も見えてくる。

 もちろん、対立の図式は明らかだ。マップはローカル検索やローカル広告など、これからの金もうけの源だ。競合他社のアプリに友好的に軒下を貸して、敵に一方的にもうけさせるわけにはいかないというのが、Googleマップ追放の理由だろう。

 YouTube追放は、「契約期限が切れた」ことが表向きの言明で、確かにライセンス料を払い続けるのがバカにならなくなったという理由がひとつ。そして、何も競合のグーグルブランドを“店の正面”に置くことはなかろうという判断も、もうひとつあるだろう。

 GoogleマップとYouTubeのアプリは、iPhoneが誕生して以来、ずっとホームスクリーンに据えられてきた。これからはアップルがもっと純正さを強調して、かつ他のサードパーティーのアプリはユーザーが自分でダウンロードするように図る、といった中立的なスタンスを採るようになるわけだ。つまり、グーグルだけをえこひいきするのは、もうおしまいということである。

 iOS 6以降、YouTubeを見たければ、Webブラウザー上で見るか、グーグルが開発中というiOS用YouTubeアプリをダウンロードすることになる。さすがのアップルも、App Store上からYouTubeアプリを追放するといった過激な計画はなさそうで、これがダウンロード可能な限りは、お互いに相手のユーザーを共有し合うといった状態を保つわけである。

 今回の動きは、グーグルにとっても最悪なものではない。

 私も詳しくは見ていなかったのだが、iPhoneにデフォルトでプリインストールされていたYouTubeアプリで見られるコンテンツはけっこう限られていた上、アップデートも十分にされておらず、使い勝手としては古いものになっていたらしい。それに、普通ならふんだんに入る広告もカットされていて、グーグルにとってはアップル用につくり直された「妥協版YouTubeアプリ」だったのだ。

 これから自在にYouTubeアプリをつくれるとなれば、グーグルもいろいろ予想外の機能やサービスを盛り込んでくるかもしれない。そちらの戦略の方がちょっと楽しみだ。

 グーグルのタブレット「Nexus 7」がけっこうな人気なので、アップルの警戒感が強まっているのは確かだろう。スマートフォンだけでなく、タブレットでも、それでアクセスするプラットフォームにおいても、自社の融通の利く領土を増やし、よそ者は見えなくしておかなければ、今度どんなところで不都合や不利な事態が起こるやもしれぬ。

 今回の動きは、そんなアップルの「整理」の一環なのである。