PR

 スマートラーニング時代を反映し、韓国のeラーニング市場は拡大している。Eラーニング産業白書によると、2011年の韓国eラーニング産業の売り上げは前年比9.2%増の2兆4500億ウォン(約1700億円)だった。内訳はコンテンツが5300億ウォン(約368億円)、ソリューションが2300億ウォン(約160億円)、サービスが1兆6700億ウォン(約1160億円)の規模となっている。

 売り上げに占める割合は、企業向けeラーニングサービスが28.4%と最も多い。しかし、幼児向け3.1%、小学生向け6.2%、中学生向け4.6%、高校生向け4.5%と、幼児から高校生までの市場を合わせると18.4%と企業向けの次に大きい市場である。

 eラーニング利用率は3~7歳が38.5%、8~19歳が74.5%、20代が67.9%、30代が44.9%、40代が41.6%、50代以上が25.9%だった。3~7歳の未就学児童のeラーニング利用率は2007年に28.7%だったのが4年間で10ポイントも伸びている。もちろん家庭にインターネットが普及した影響もあるが、学校でデジタル教科書やオンラインベースの評価制度(紙のテストではなくインターネットベースのテストに変える)が導入されることが決まってから、幼児のときからeラーニングに慣れさせようとする親が増えているのも確かだ。

 スマートラーニング時代を迎え、eラーニング業界が最も力を入れているのは学習管理システム、LMS(Learning Management System)である。

 代表的なのはソウル市教育庁が無料で全国の小学生に提供する「サイバー家庭学習」。学校以外の場所でもインターネットさえつながれば、学校で学ぶ内容を予習・復習できるようにしたeラーニングで、ユーザーである子どもがテストを受け、自分の学習レベルを自ら把握して、学習難易度を選択できるようになっている。さらに、どの科目を何時間勉強したのか、“サイバー担任”である先生との質疑応答など学習管理も残せる。サイバー担任が子どもの学習レベルに応じて「こういうところをもっと勉強してみたら?」とアドバイスもしてくれるので、一人で黙々とがんばるイメージが強い既存のeラーニングとはちょっと違う。

ソウル市教育庁が2004年から無料で提供しているサイバー家庭学習の画面。教科書の内容を予習・復習できるeラーニングで、現役の小学校の先生がサイバー担任先生になり質問に答えたり学習アドバイスをしたりしている。先生と一緒にがんばる仕組みにしたことで子どものモチベーションを高めた
ソウル市教育庁が2004年から無料で提供しているサイバー家庭学習の画面。教科書の内容を予習・復習できるeラーニングで、現役の小学校の先生がサイバー担任先生になり質問に答えたり学習アドバイスをしたりしている。先生と一緒にがんばる仕組みにしたことで子どものモチベーションを高めた
[画像のクリックで拡大表示]

サイバー家庭学習の学力テストの画面。子どもたちが自ら学力テストをして、レベルにあった教材を選べるようにしている
サイバー家庭学習の学力テストの画面。子どもたちが自ら学力テストをして、レベルにあった教材を選べるようにしている
[画像のクリックで拡大表示]