PR

 米国時間の2012年8月1日に、Windows 8のRTM (Release to Manufacturing)が完了した。

 RTMとは、いわば最終バージョンであり、製品版と同じ仕様。あとは発売日を待つだけという状況になったことを示す。

 実際、2012年10月26日には、Windows 8の一般販売が開始されることになるが、すでに8月15日からは企業IT部門のITプロフェッショナルなどが、TechNetサブスクリプションを通じてWindows 8を入手できるようになっているほか、8月16日からは、「Windowsソフトウェアアシュアランス」の既存ユーザーが、VLSC (Volume License Service Center) を通じてWindows 8 Enterpriseエディションをダウンロードできる。また、9月1日には、ソフトウェアアシュアランスなしのボリュームライセンス顧客も、Microsoft Volume License Resellerを通じてWindows 8を購入できるようになる。
 すでにWindows 8は、導入段階に入っているといってもいいわけだ。

 Windows 8がRTMとなったことで、PCメーカーも量産体制の確立に向けた準備を開始し始めている。

 Windows 8を搭載したPCは、10月26日に発売となるため、PCメーカー各社は、そのタイミングで一斉に店頭展示が行えるように量産を進めることになる。

 Windows 8の一般発売日は、PCメーカーにとっても、秋冬モデル投入のタイミングと一致する。そのため、現時点では未発表となっているWindows 8を搭載した新製品の量産が、9月から開始されることになる。

 ところで、PCメーカーにとっては、Windows 8を搭載したPCの生産において、頭を悩ませるいくつかの問題が発生している。

 ひとつは、タッチ機能を搭載したPCが増加することで、検査工程が増えるという懸念だ。Windows 8の特徴のひとつは、キーボード、マウス、ペン、タッチのいずれでも利用できるというシームレスインタフェース。特に、タッチ機能の利用を重視しているのは周知の通りだ。PCメーカーでは、これまでにもタッチ機能を搭載したPCを製品化しているが、その製品構成比が高まると予想しており、それに伴い、検査工程の強化を図る動きが出てきている。

 Windows 8向けの検査プログラムの開発も必要になり、いまはその準備に追われているところだ。

タッチ機能が売り物となるWindows 8搭載機では、検査工程の増加が懸念材料。
タッチ機能が売り物となるWindows 8搭載機では、検査工程の増加が懸念材料。
[画像のクリックで拡大表示]