PR

 オリンピックといえば「テレビの買い替え」、という時代はもう終わりに近づいていのかもしれない。ロンドンオリンピックはスマホが広く普及してから初めて迎えるオリンピックだった。現地との時差が8時間と大きく深夜に試合が中継された影響もあり、韓国では「テレビスマートフォン」やタブレットパソコンを使って競技を見ながらSNS上でつぶやく人が急増した。オフラインではひとりだけど、SNSでは街角応援並みに大勢が集まり盛り上がった。

 個人放送局「アフリカTV」は、動画サイトでありながらロンドンオリンピック中継権を買い、モバイル向けに放送した。スマホからオリンピックを観たいユーザーがアフリカTVに殺到し、ユーザーが前より20%も増えたとアフリカTVは発表した。個人放送局らしく、韓国選手が金メダルを獲得した瞬間を集めて個人がコメントを付けて放送する動画も人気を集めた。

 ポータルサイト最大手のNAVERもオリンピックをストリーミングで中継した。オリンピック期間中、パソコンからストリーミングを視聴した人が3分の1、スマホやタブレットPCから観た人が3分の2を占めた。オリンピック関連情報やニュースも、モバイルから利用した人が圧倒的に多かった。NAVERのスポーツコーナーのモバイルページビューは、オリンピック期間中毎日1億を突破し、いつもより4倍も増えたという。2番目に大きいポータルサイトのDAUMは、オリンピック競技ハイライト場面のVOD再生回数が5200万回、このうち70%がモバイル端末からの視聴だったと発表した。

 男子サッカーの3位決定戦があった8月11日は、韓国のスマートフォンユーザー約2900万人のうち1000万人がNAVERのモバイルサイトにアクセスしてオリンピックニュースを読んだ。この試合はモバイルトラフィック最高記録を更新したほどだった。サッカーの試合結果を翌朝動画で観ようというユーザーも増えたことから、同試合の動画再生回数は1000万回を突破、史上最高を記録した。それまでは、キム・ヨナのバンクーバー冬季オリンピック動画が再生回数900万回で1位だった。

 各ポータル会社は、オリンピック選手団を応援するための特設ページを運営した。NAVERの場合、ユーザーが書き込んだ応援メッセージは42万件、そのうち30万件がモバイルから書き込まれたものだった。