PR

 パナソニックは、同社初のUltrabook「Let'snote AX2シリーズ」を発表。10月26日から順次発売する。

 国内PCメーカーとしては、最初のWindows 8搭載PCの公式発表となり、Windows 8にかける同社の意気込みが強く伝わってくる。

 同社では、「Ultrabookというプラットフォームにおいて、軽量、長時間、頑丈、高性能というLet'snoteが持つ、基本姿勢の実現にこだわった。その結果、Let'snoteのブランドにふさわしいUltrabookを市場に投入できた」と自信を見せる。

 76cm落下試験や100kgf加圧振動試験などのLet'snoteシリーズならではの堅牢性を実現している点からもそれが分かる。

 Ultrabookでは課題とされる長時間駆動についても、2セルの内蔵型バッテリーに加え、4セルの着脱式バッテリーパックを用意。さらに、Ultrabookとして初めて、電源オンのままでのバッテリーパックの交換が可能な「ホットスワップ機能」を搭載。これを利用することで、最大16時間の連続駆動を可能にした。これもLet'snoteらしいこだわりだ。

 そして、2軸ヒンジによる360度回転するリングノート式ディスプレイを採用。ノートPCとタブレットの両方で利用ができるという形状も大きな特徴。これにより、Let'snoteの新たな世界を提案してみせた。 

パナソニック初のUltrabookとなる「Let'snote AX2シリーズ」。
パナソニック初のUltrabookとなる「Let'snote AX2シリーズ」。
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、これまでのLet'snoteとはいくつかの異なる部分が見られるのも事実
だ。

 Let'snote初のアイソレーションキーボードの採用や、四角い形状のタッチパッドなど、見た目にも大きな違いを感じさせる仕様だ。トップキャビネットのアルミニウム素材の採用も、Let'snoteとしては珍しい。

 「アイソレーションキーボードは、タブレットとして利用している場合に、背面に来るキートップが外れないようにするための工夫。そして、四角いパッドはWindows 8での使いやすさを考慮したもの」と、同社では説明する。

 トップキャビネットのアルミニウム素材は、薄さと強度を両立するためにマグネシウムとアルミニウムの複合型としており、その結果、表面にアルミニウム素材が使われたもの。内側のマグネシウムとの組み合わせがポイントだ。