PR


 ワープロソフト「一太郎」の開発創始者たちが創設したMetaMoji(メタモジ)から新登場した「Note Anytime」を使って、iPadがまたまた手放せない道具に生まれ変わった。これまでも、仕事に、趣味にとそれこそ四六時中手放せない存在となっていたiPadだが、会議のメモ書き、配付資料への書き込みなどが必要な場面でもう一つ隔靴掻痒の感がつきまとっていた。ほとんどのメモアプリはワープロの延長線上にしかなくて、せっかくタッチパネルのスレートなのに物足りないな、と思ってきた。ところが、この「Note Anytime」はその名の通り、いつでも思い通りのメモを「紙に書き付ける」ような感覚でいろんな場面で「書き付け」ができる。特に素晴らしいのは、PDFにすらすらとコメントが書けるところだ。この機能を使えば、企業内で作る資料の校正作業や打合せ資料にメモ書きしたりという作業が劇的に楽になる。

仕事に使える本格的メモアプリが無料

 私は日頃の仕事として記事執筆、編集作業を行っているが、こんな具合に簡単にしかも明確に校正指示が出せるアプリに出会って大満足だ。文字を書き込む時には読み込んだPDFをグーンと大きく拡大して目的の場所に書き込めばいいので、活字の行間にでも細かい文字をしっかり書き込める。これはすごい(図1、図2)。

図1 「Note Anytime」は記事校正のやり取りに便利に使える。手書きで赤字が入れられるほか、文字の差し替えなど大事なところはテキストを打ち込むことができる。このテキストは、「テキストとしてコピー」できるので編集元データに入れるのにリタイプしなくても済む。
図1 「Note Anytime」は記事校正のやり取りに便利に使える。手書きで赤字が入れられるほか、文字の差し替えなど大事なところはテキストを打ち込むことができる。このテキストは、「テキストとしてコピー」できるので編集元データに入れるのにリタイプしなくても済む。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 行間に書き込みもできてしまう。この拡大率は尋常じゃないが、使える。
図2 行間に書き込みもできてしまう。この拡大率は尋常じゃないが、使える。
[画像のクリックで拡大表示]