PR

 ごくたまにしかiPadを外出先に持ち出さないユーザーは回線契約なしのWi-Fiモデルを使っていることが多いだろう。しかし、よんどころなくiPadを持ち出した時にはWi-Fi回線が確保しにくく、iPadがただのメモパッドになってしまってもどかしい思いをした人も多いのではないだろうか。そんな時に役に立つのが、携帯電話網に接続できるモバイルルーターにデータ通信専用のSIMを挿し、ネット接続する方法だ。最近は通常利用時には低速通信・低料金で契約しておき、必要な時だけ高速通信サービスのLTEに切り替えて使えるサービスがいくつか登場しており、たまにしかモバイルしない人には代替手段として活用できる。

基本は低額の低速サービスだが必要な場面で高速通信が使えるサービス

 外出中にWi-Fi回線を確保する方法はいろいろある。無料の無線LANサービス、iPhoneなどの付帯サービス、自宅で使っているインターネットサービスに付属する無線LANサービス、有料無線LANサービスなど。いずれも、つながる場所に行けば快適に使えるが、それらの場所は限定的だ。データ通信網として高速のWiMAX回線を利用するサービスも存在するが、サービスエリアが都市部の一部に限定されているし、月額使用料金が3000円前後かかる。高速性は魅力だが、たまの利用者には手が出しにくい。

 携帯電話網を使うサービスは100k~400kbpsという低速に抑えて月額1000円程度の低料金を実現したものがある一方、LTE経由の高速接続サービスもあるが2000円から6000円程度かかる。たまにしか使わないのだからと低速サービスに加入したら、出先で大事なニュースが飛び込んできて、どうしても動画を見たい、といった場合に困る。

 そんな場合に、わずかな追加料金を払うとLTEの高速通信(下り75Mbps)が一定量使えるという便利なサービスが登場している。IIJの「mio高速モバイル/D」や日本通信「スマートSIM」シリーズがそうだ。必要なら追加は何回でもできる(図1)。

図1 カバーエリアの広いドコモネットワークに接続してWi-Fi環境を構築する。これは日本通信のモバイルWiFiルーター「b-mobile 4G」を使ってNTTの3G回線に接続している様子。
図1 カバーエリアの広いドコモネットワークに接続してWi-Fi環境を構築する。これは日本通信のモバイルWiFiルーター「b-mobile 4G」を使ってNTTの3G回線に接続している様子。
[画像のクリックで拡大表示]

 auのiPhone 5ならインターネット共有(テザリング)が既にサービスインしているので、これが使えるが、ソフトバンク版のiPhone 5はまだ。できればモバイルWi-Fiが使いたいところだろう。

 IIJのmio高速モバイル/Dの場合、初期費用3150円でSIMを購入すると945円/月で使い続けることができる。制限速度は128kbps。必要な場合は525円を追加してLTEまたは3Gの高速通信が100MB分楽しめる。一度高速通信をオンにするとその100MB分を使い切るまでその状態が続く。

 一方、日本通信のスマートSIMの場合、SIMの購入初期費用が3150円、利用料が980円/月、制限速度は150kbps。LTEまたは3Gの高速通信サービス追加購入(100MB)は同じく525円。こちらの良いところは高速通信状態をいつでもオン/オフできるところで、例えば、外出先でどうしても大容量のPDF資料やビデオを確認しなければならない時のみ「ターボ」をオンにし、終わればオフにすることができる。