PR

 資料は何でも電子化して、紙は持たないという生活が身に染みこんできた。私の周りにいる人にも、かなりこの生活習慣が身に付いてきているらしく、「この間の契約書、あの部分どうだっけ」という時にさっとiPadなどのiOSデバイスで確認し、確実に仕事を進めるという流れを当り前のようにこなす。メールなどに文書ファイルが添付されている場合は話は簡単で、即お気に入りの文書管理/閲覧アプリに登録する。しかし、紙の束で受け取ったものはなかなか扱いに困る。ところが最近、このバリアが急激に取り払われてきて、快適な電子文書保存・閲覧環境がそろうようになってきた。iOSデバイスにダイレクトに取りこめるスキャナー、あるいは内蔵の高精細カメラを使って直接ライブラリ化できるアプリなどが充実してきたからだ。

iOSデバイスで直接スキャンする2つの方法

 iOSデバイスで文書をスキャンしてiOSデバイスにため込む方法として、ザックリ2つの方法がある。1つはiOSデバイスで制御できるスキャナー機器で文書を取込む方法と、iOSデバイスに付属しているカメラで資料を撮影して電子ドキュメントとして保存する方法の2つだ。

 前者は無線LANなどネットワーク接続可能な専用スキャナーをiOSデバイスでコントロールするというやり方で、新しいスキャナー機材が必要だ。スキャナーには1枚1枚コピー機でコピーを取るように操作するフラットベッド型の機器と、束にした複数枚の書類を自動的に紙送りをしてくれて一気に何十ページもの文書ファイルを作ってくれるシートフィーダー付きのスキャナーの2種類がある。それぞれ一長一短があり、フラットベッドスキャナーは製本してある文書の一部分を押し付けてスキャンできるが、シートフィーダー型はペラ紙の束しかスキャンできない。したがって、書籍の一部や新聞のように大きな紙面の一部をスキャンするにはフラットベッド型が必須だし、社内の配付資料のように束になった文書の場合はシートフィーダー型が便利だ。

 カメラで撮影するタイプには単に写真を撮って保存するという簡便な方法ももちろんあるが、専用のスキャナーアプリが各種リリースされている。撮る角度によって斜めになってしまった書類を正対した画像に整形すると同時に書類として読み易いコントラストに自動調整してくれる機能や、フォルダ単位で整理する機能などがあり、実にハンディに扱える。

 新聞や雑誌の気になった一部分をスキャンしたり、会議中にホワイトボードに書いた手書き文字や貼り出された資料をワンタッチで取り込める簡便性が身上だ。これについては機会を改めてお薦めアプリや使いこなしのノウハウを紹介したいと思っている(図1、図2)。

図1 iPad用のスキャンソフト、「<a href=FasterScan HD」でチラシをスキャン。画面の下にどのエリアを取り込むのかを指定するツールがある。これは4辺を指定するモードだが、その隣には紙が湾曲している場合の切り抜きツールがある。">
図1 iPad用のスキャンソフト、「FasterScan HD」でチラシをスキャン。画面の下にどのエリアを取り込むのかを指定するツールがある。これは4辺を指定するモードだが、その隣には紙が湾曲している場合の切り抜きツールがある。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 読み込んだファイルに書き込みができるアプリもある。これは「<a href=DocScan HD」。図1では斜めになっていたチラシが長方形にきちんと整形されているのがお分かりいただけるだろうか? こういうソフトを使えば、パッケージに書かれた情報、黒板に書かれた文字をきれいに取り込むことができる。">
図2 読み込んだファイルに書き込みができるアプリもある。これは「DocScan HD」。図1では斜めになっていたチラシが長方形にきちんと整形されているのがお分かりいただけるだろうか? こういうソフトを使えば、パッケージに書かれた情報、黒板に書かれた文字をきれいに取り込むことができる。
[画像のクリックで拡大表示]