PR

 紙送り型のスキャナーの進化で会議資料や名刺の電子化が実に楽になった。しかし、会議室で出てきた資料、あるいは街で目にした情報はスキャナーにかけるわけにいかないし、さてどうしたものか、と思案されている人も多いだろう。新聞のスクラップも紙送り型ではやりにくい。そんな時はiPhone(またはiPad)で「スキャン」するのが一番だ。しかし、電柱に貼られたポスターなどは画像が湾曲してしまって資料としてはいまひとつ満足できない。そんな時に力を発揮してくれるアプリが最近増えている。

新聞の切り抜き、街頭、箱やビンの一部をサクッとスキャン

 紙送り型のスキャナーが充実し、使う場面によっては情報収集がとても便利になっている。以前のコラム、「iPhoneやiPadで直接スキャンする便利さ」で紹介した通り、iPhoneやiPadに直接スキャンデータを取り込める機種も増えていて、情報を持ち歩きたいという人にも受けている。

 ところが、ちょっとメモっておきたい情報はシートフィーダーにかからない物が多くて困る。新聞などはその代表で、一部分をスクラップしようとしたらハサミで切り抜いてスキャナーにかけなければならない。自宅で同一紙を2部取っているような人ならまだしも、一般的には一部を切り取るわけにはいかない。書籍も同様。また、商品パッケージに貼られた保証書、仕様説明書類も同じこと。こんな情報をサッと文書化して保存しておくにはiPhoneやiPad向けのスキャナーソフトが重宝する。少々斜めに撮影してしまいひん曲がった状態でもそれを修正してくれる機能が組み込まれているので、きれいなスキャン画像を取り込むことができる。

 厄介なのは、電柱など、円筒形の面に貼られた情報。普通に撮って台形処理しても円形に歪んでしまい、満足行く結果が得られない(図1、図2、図3)。

図1 円筒形の製品に貼ってある紙の情報を記録しておきたい、というシチュエーションを考えてみよう。
図1 円筒形の製品に貼ってある紙の情報を記録しておきたい、というシチュエーションを考えてみよう。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 これを一般的なスキャナーソフトでスキャンすると、4隅を指定して正対に補正するという流れになる。
図2 これを一般的なスキャナーソフトでスキャンすると、4隅を指定して正対に補正するという流れになる。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 4隅を指定して切り取り補正された後は、紙面が歪んだままになってしまった。これでも読めなくはないが、もっとカーブのきついワインボトルのラベルなどを取り込んだら、湾曲がきついものになってしまう。図2と3は「<a href=Scanner Pro by Readle」を使った例。">
図3 4隅を指定して切り取り補正された後は、紙面が歪んだままになってしまった。これでも読めなくはないが、もっとカーブのきついワインボトルのラベルなどを取り込んだら、湾曲がきついものになってしまう。図2と3は「Scanner Pro by Readle」を使った例。
[画像のクリックで拡大表示]