PR

平野所長(以下平野)前回、私たちの元に届いた営業メール。テンプレートのようだが、間違いだらけだった。

直井研究員(以下直井):何の会社か分からないのに、いきなり面会の約束をしたいと書いてありました。

平野:全く同じ文章が2回書いてあったり、表現が少し違うが同じことを言っている文章があったりと、改善の余地が満載だったね。

直井:あのメール、既にたくさんの方に送っているとしたら残念ですね。誰かに指摘されるまで気付かないかもしれません。

平野:メールのテンプレートは、一度作って終わりではない。作ってすぐに見直すのはもちろんのこと、自分宛てに送って客観的にチェックしたり、第三者に見てもらったりして入念に確認してほしい。

直井:自分宛てに送ってみるのは良いですね。

平野:それに、一度作って終わりではなく、定期的にブラッシュアップすることも大切だ。

直井:どんなに一生懸命な気持ちがあっても、間違いのあるメールでは効果も半減ですものね。

平野:その通りだよ。特に、面識のない相手へ初めて送るメールには、細心の注意と配慮をしてほしい。そこで今回は、面識のない相手へ初めて送るメールのコツを直井さんに解説してもらおうかな。用意はいいかい?

直井:はい。前回取り上げた尾崎さんのメールを、私なりに良いメールに直してみました。

平野:お! いいねぇ。まずは、前回の尾崎さんのメールをもう一度見ておこう。