PR

 PCは無くなるのか--。

 そんな議論が業界内で頻繁に交わされるようになった。先週から今週にかけて行われた各社の記者会見でも、業界関係者から、PCが置かれた現在の立場や、将来の動向に向けてのコメントが相次いで聞かれた。

 結論からいえば、PCは無くならないだろう。だが、現在の姿のPCの行方を語るならば、市場は明らかに縮小していくことになるのは間違いない。

過去最高の落ち込みをみせたPC

 業界団体である一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が5月22日に発表した2013年4月のPC出荷実績に、業界関係者の間で激震が走った。

 これによると、4月の国内PCの出荷実績は前年同月比30.8%減の64万9000台となった。6カ月連続での前年割れという状況に加えて、3割減という落ち込みぶりは、2008年4月以降では最大のものとなった。

 Windows 8.1の発表や、インテルの第4世代「Core iプロセッサ」の投入直前という買い控え要素を指摘する声もあるが、いまや新たなOSやCPUが登場しても販売台数は大きく変化しない。むしろ、大きな要素はタブレットへ需要が流れ始めているという点だろう。

 JAITAの発表翌日の23日には、調査会社のMM総研が、国内タブレット端末の出荷状況を発表。これによると、2012年度(2012年4月~2013年3月)の出荷台数は568万台。前年比104.3%増と2倍の成長を記録した。同社が9日に発表していたPC出荷状況調査では、2012年の国内PC出荷は前年比1.6%減の1505万7000台。特に、Windows 8が発売された下期が前年比3.6%減と落ち込みが大きいのが気になる。タブレットは下期に118.0%増の375万台となり、むしろ加速した格好だ。

 MM総研では、2013年度のPC出荷は0.9%増の1520万台と微増になると予測。これに対して、タブレットは、21.5%増の690万台と引き続き高い成長が見込まれている。

MM総研によると、今後もタブレット市場は成長を続けると予想。
MM総研によると、今後もタブレット市場は成長を続けると予想。
[画像のクリックで拡大表示]

マイクロソフトも脱PCの動き?

 29日に行われた日本マイクロソフトのSurface Proの発表会見では、同社業務執行役員 Windows本部長の藤本恭史氏が、1つのチャートを示してみせた。

 それは、モバイルコンピューティング市場規模を示すものであった。

 2016年までの全世界の需要予測を表したその表には、ノートPCやデスクトップPCの市場規模は、今後、横ばいで需要が推移するのに対して、スマートフォンおよびタブレットは、今後大きな成長を遂げることが明確に記されており、このチャートをもとに藤本氏は、「今後、マイクロソフトは、モバイル市場にベット(賭ける)する。その姿勢を明確に示したのがWindows 8となる」とし、「PCの定義を変え、トレンドに合わせて姿を変えていく。モバイルを捉えた利用提案へと、進化させていかなくてはならない」と続ける。

 旧来型のデスクトップPCやノートPCの市場のリーダーであったマイクロソフトが、モバイル市場の成長に合わせて、既存のPC以外の領域に強く踏み出すことを宣言した点は見逃せない。

日本マイクロソフトの「Surface Pro発表会見」で示されたモバイル市場の動向。
日本マイクロソフトの「Surface Pro発表会見」で示されたモバイル市場の動向。
[画像のクリックで拡大表示]