PR

 最近はiOSデバイスを使って各種の電子機器のコントロールや状態確認ができるようになってきた。電子機器ばかりではなく、車や人体までもその連携対象となってきており、活用範囲は拡大の一途をたどっている。そんな時の接続方法は当然のことながら無線だ。煩わしいケーブル無しで使えるから自由度が高くて快適だ。そんな中、無線LAN機能を内蔵していながらパソコンでスキャンしようとしたらUSBケーブルで接続しなければならなかった紙送り方式のスキャナー、「ScanSnap iX500」がバージョンアップしてパソコンでもケーブルレスでスキャンデータを取り込めるようになった。待ちに待った機能がようやく使えるようになり、机の周りもすっきり。快適デジタルライフまたまたパワーアップというところ。

既存ユーザーには自動でアップデートのお知らせ

 ScanSnap iX500はこのクラスの中でも高速スキャン、確実な紙送りができるシートフィーダー型のスキャナーとして定評がある。無線LANを内蔵していて、iOSデバイスから直接スキャンデータが取り込めるので、資料をiPadなどに取り込んで持ち歩きたい人にはとても重宝するアイテムだ。ところが、パソコンでスキャンしようとすると必ずケーブルをつないでUSB接続しなければならないという、若干悔しい仕様で、日常の仕事をノートパソコンでこなしている人にとってはこれがシャクのタネだった。

 そんなある日、Scan Snap iX500につないで使っているMacBook Proを立ち上げたら、こんなうれしいアップデートが飛び込んできた。なになに? 「コンピュータとScanSnap iX500がW-Fi接続で読取りができるようになりました」。待ってましたとばかりに、すぐダウンロード。アップデートを始めた(図1)。

図1 特に自分で操作せずとも飛び込んできた「ScanSnap オンラインアップデート」。Wi-Fi接続でiX500からMacに読み込めるようになるアップデータだ。
図1 特に自分で操作せずとも飛び込んできた「ScanSnap オンラインアップデート」。Wi-Fi接続でiX500からMacに読み込めるようになるアップデータだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 常に新製品発表情報を追跡していない一般ビジネスパーソンには、こうして自動的にアップデートが流れて来るのはラクチンで良い。「更新開始」ボタンを押すだけで、機能改良、新機能追加が行われるのは本当に手間要らずで便利だ。

 今回のアップデートはパソコンにインストールしているScanSnapアプリケーションの更新だけではなく、スキャナー本体に組み込まれている「ファームウエア」も新しいものに入れ替えるものだ。ファームウエアとはハードウエアデバイスをコントロールするために、機器に組み込まれたプログラムのことだ。これを更新することにより、これまで持たなかった機能が追加されたり、使い勝手や動作が改善される。今回のアップデートは5月31日に配信が開始されており、配布は無償だ。

 ファームウエアアップデートはデバイスの中の重要部分を書き換えるものだから、アップデート中に電源が落ちてしまったり、ケーブルが抜けてしまったりといった事が起きると失敗する。場合によっては機械が起動しなくなる恐れもあるので、慎重に作業を進めよう(図2)。

図2 今回のアップデートはスキャナーのコントロールプログラム「ファームウエア」の更新が含まれる。これでPCとの無線接続機能が追加される。
図2 今回のアップデートはスキャナーのコントロールプログラム「ファームウエア」の更新が含まれる。これでPCとの無線接続機能が追加される。
[画像のクリックで拡大表示]