PR

 スマートフォンを買い替えると、電話帳や写真などのデータはコピーできても、アプリの移動が大変。トコの場合、本体にアプリを入れていたので、基本移動できない。でも、遊びとか、勢いでアプリをいろいろ入れてしまい、ぐちゃぐちゃになっていたので、ここはすっきりさせて、一からのスタートをすることにした。アプリの断捨離ですねー。

 ここできっと、いったい何が必要なアプリなのか? が分かるわ。

 さあしかし、買ったときからたくさんのアプリが入っているAndroid。そして、機種が変われば、その基本アプリも変わってくる。

 GALAXYからXperiaへの機種変。基本アプリをじっくり見てみると。いままでアプリを入れることで対応していたQRコードリーダーが入っているし、今までなかった赤外線通信、ワンセグ、おサイフケータイなどが目を引く。

 ふむふむ。

 さらに、WALKMANやSony Selectなど音楽、ムービーアプリが多数入っているのが特徴かも。さらにドコモ提供のアプリもたくさんある。これらは合わせて約50個。絶対使わないな、と思って画面から削除しようとしても消せないのよ。

[画像のクリックで拡大表示]

 なので、今後は、使うものを集めて、画面の並べ替えなどをしてゆかねばなりませんが。まずは、なくては困るアプリを、その場に応じてインストールすることに。以前は電池残量表示やタスクキラーとして利用していたアプリも、今回は電池残量の数字が出るし、しかも新スマホは、いろいろしなければ2日目まで電池が持つようになったので、電池の減りにはらはらしなくて済む。そして、タスクキラーも、いちいちアプリを立ち上げなくても、画面で操作できるの。

 画面の右下の四角が重なっている場所をタッチすると、立ち上がっているアプリのアイコンが表示されます。

[画像のクリックで拡大表示]

 ここで、探していたサイトを再チェックとして使うもよし。左上の全部クリア、をタッチすると、すっきり閉じられます。もしかして、裏で立ちあがって動いているアプリがあると電池が減るので、省エネのためにも、検索後、用事が終わったらサクサクとこの作業をした方がいいですね。

 さあ、新スマホにして、約1カ月ですが、結局、新しくいれたアプリは「乗換案内」「LINE」「Kindle」「twitter」。そのうちヘビーローテーションは、「乗換案内」。都内のJRや地下鉄の電車乗継、複数の経路検索はもとより、伊勢から大阪とか、博多から太宰府とか、あらゆる地域の電車や高速バスなどの時刻表に対応し、時間と乗換回数、料金も即時に表示してくれるのよ。今や、トコの一人旅は、このアプリがなければ、できないといっても過言ではないわ。

 一番最初にインストールしたのも「乗換案内」でした。ありがとう乗換案内。

[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、英語の勉強のために英語のラジオを聴こうと思って(FENとか福岡にはないからねー)「TunelnRadio」を入れました。これを聴いていたら電池が減るので、痛しかゆしです。そうそう、このラジオアプリでは、ほかにもいろんな番組のエッセンスが聞けるのですが。「伊集院光、深夜の馬鹿力」をちょっと聞くことができるの(福岡では聞けないからねー)。伊集院光は、本も全部持ってるほど、彼の意見は好きなの。ふなっしー、もういい加減にした方がいいよね、とか、めっぽう面白かったよ。5分弱のトークなので、kindleで本を読むほどの時間はないけど、ちょっと暇、って時に最適。あ、結局、英語の勉強してませんねーあはは。

 これからも、新スマホ、すっきり使いたいので、じっくりアプリを選んで入れたいと思います~。

 そうそう、Xperiaは画面が大きいので、指紋の跡や画面の汚れが、気になる気になるー!!!

タントーヨシダ:
必須アプリ……。メールとWebブラウザーと……実際にはあまりないかも。