PR

 米国際貿易委員会(ITC)は2013年6月4日、米アップルが韓国サムスン電子の標準核心特許(Standard Essential Patents)である通信方式CDMAの「インコーディング」「ディコーディング」関連特許を侵害したと判定した。

 これは(LTEではなく)3Gモバイルネットワーク関連特許である。この特許を巡ってはオランダの裁判所でもアップルが侵害したとしてサムスンが勝訴したことがある。ITCは、サムスンがアップルにこの特許に関して告知したにもかかわらず侵害した点に着目した。

iPhone4以前のスマホが“特許侵害”と判定

 ITCは特許を侵害した製品であるとして、アップルのスマートフォンiPhone3、iPhone3GS、iPhone4、iPad、iPad2を米国内に輸入してはならないという「輸入中断」まで宣告した。米国外で生産したアップル製品を米国内に輸入して販売してはならないということだ。同じアップル製品でも、米クアルコム製のチップを使っているiPhone4Sの場合は、クアルコムがサムスンに特許使用料を払っているから問題ないという判定になった。

 アップルは、サムスンの標準核心特許はFRAND(Fair, Reasonable And Non-Discriminatory)といって、誰でも特許が使えるようにしないといけないので訴訟の対象にはならないと主張した。だが、ITCは受け入れなかった。