PR

 Webサービスをより安全に利用する手段として「2段階認証」が普及しつつある。グーグル、Yahoo! JAPANなどのサービスは、通常はユーザー名とパスワードを入力するとログインできる。これに加えて別のパスワードを設定し、両方が認証されないとアクセスできなくするのが「2段階認証」だ。Androidスマートフォンを使っていると、必然的にGoogleサービスへの依存度が高くなる。仕事でGmailやGoogleカレンダーなどを利用している人は、セキュリティを強化するためにGoogleアカウントの2段階認証の導入を検討するといいだろう。

 2段階認証の設定には多少の手間が生じる。しかし、一度設定してしまえば、ログアウトしない限りは従来通りに使えて、ログアウトして再びログインする場合も、自動で発行されるパスワードを入力するだけなので、さほど手間が増えるわけではない。万一、Googleアカウントが第三者に漏洩してしまった場合でも、他のデバイスからの不正アクセスを防ぐことができるので、セキュリティ上のメリットは大きい。

 Googleアカウントの2段階認証は、WebブラウザーでGoogleにアクセスしてログインし、アカウント設定画面の「セキュリティ」で設定できる。携帯電話と相互認証する仕組みになっているので、スマートフォンを手元に用意してから設定作業に入ろう。なお、スマートフォンのWebブラウザーでGoogleにアクセスし、表示モードを「PC」に変更しても設定を行える。

Webブラウザーで<a href=http://accounts.google.com/SmsAuthConfigにアクセスし、Googleアカウントとパスワードを入力してログインする。すでにログインしている場合は、「アカウント」→「セキュリティ」→「2段階認証プロセス」の「編集」から行える。">
Webブラウザーでhttp://accounts.google.com/SmsAuthConfigにアクセスし、Googleアカウントとパスワードを入力してログインする。すでにログインしている場合は、「アカウント」→「セキュリティ」→「2段階認証プロセス」の「編集」から行える。
[画像のクリックで拡大表示]

「2段階プロセスでのログイン」画面が表示される。「設定を開始」をクリック。
「2段階プロセスでのログイン」画面が表示される。「設定を開始」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

確認コード(パスワード)の受信に用いるスマートフォンのメールアドレスを入力する。@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jpなど、キャリアが発行するメールアドレスしか設定できないようになっている。キャリアメールを使っていない場合、コードの受け取り方法で「音声通話」を選択すると、電話番号を入力でき、音声で認証コードを確認することも可能。
確認コード(パスワード)の受信に用いるスマートフォンのメールアドレスを入力する。@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jpなど、キャリアが発行するメールアドレスしか設定できないようになっている。キャリアメールを使っていない場合、コードの受け取り方法で「音声通話」を選択すると、電話番号を入力でき、音声で認証コードを確認することも可能。
[画像のクリックで拡大表示]

スマートフォンのキャリアメールに6桁の確認コードが届く。
スマートフォンのキャリアメールに6桁の確認コードが届く。
[画像のクリックで拡大表示]

スマートフォンに届いた確認コードを入力して、「確認」をクリック。
スマートフォンに届いた確認コードを入力して、「確認」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

「このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する」にチェックが入っているので、そのまま「次へ」をクリック。チェックを外すと、Googleにログインする度に確認コードの入力が必要になる。
「このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する」にチェックが入っているので、そのまま「次へ」をクリック。チェックを外すと、Googleにログインする度に確認コードの入力が必要になる。
[画像のクリックで拡大表示]

最後に、2段階認証プロセスを有効にする確認画面が表示される。「確認」をクリックする。
最後に、2段階認証プロセスを有効にする確認画面が表示される。「確認」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

設定が完了すると、このような画面が表示される。スマートフォンで利用するGoogleアカウントを要するアプリの中には、2段階認証システムに対応していないものもある。「パスワードを作成」をクリックすると、アプリ固有のパスワードを作成できる画面に進める。いつでも作成できるので、ここでは「後で実行する」をクリックし、設定を完了しよう。
設定が完了すると、このような画面が表示される。スマートフォンで利用するGoogleアカウントを要するアプリの中には、2段階認証システムに対応していないものもある。「パスワードを作成」をクリックすると、アプリ固有のパスワードを作成できる画面に進める。いつでも作成できるので、ここでは「後で実行する」をクリックし、設定を完了しよう。
[画像のクリックで拡大表示]

設定に用いたパソコン以外のデバイスで、Googleにログインしようとすると、2段階認証の確認コードの入力が求められる。同時に、設定したキャリアメールに確認コードが届き、それを入力するとログインできる。
設定に用いたパソコン以外のデバイスで、Googleにログインしようとすると、2段階認証の確認コードの入力が求められる。同時に、設定したキャリアメールに確認コードが届き、それを入力するとログインできる。
[画像のクリックで拡大表示]