PR

 アプリはクラウド上の最新版を使う、という常識が一般化してきた。MacやiPad、iPhone向けにアップルが始めたネット上のアプリストア・モデルはグーグル、アドビなどに波及、マイクロソフトのOfficeアプリもネット経由で期間を決めて利用契約を結ぶスタイルに変わってきた。「Office 365」と呼ばれるこの仕組み、利用スタイルによってはMacやiPadユーザーにも、大いにメリットがある。Mac/Windowsを混在させて5台までOfficeデスクトップアプリが低料金で使えるのも大きな魅力だ。

利用形態が豊富なOffice 365

 Office 365はマイクロソフトのOfficeスイートを利用するためのサービスの総称で、これまでパッケージソフトとして提供されてきたアプリ群はもちろん、グループでの共同作業、Web発信、電子メール・ボイスメール・ビデオ会議などのコミュニケーションサービス、システムの管理機能、セキュリティ機能などを含む。ユーザーはこれらの機能のうち、必要な機能が含まれるプランを選んで月または年間契約をする。

 最も安い「Small Business(プランP1)」なら、月額490円(年間プランなら月額410円)でメール、オンラインストレージ(7GB)、Webサイト、音声チャット・ビデオ会議、Office Web Apps(Web版のOffice)が使える。つまり、このサービスに加入すればOfficeソフト(Excel、PowerPoint、Wordなど)で作ったファイルを閲覧したり、機能制限はあるものの文書の編集もできる。

 例えば、iPadでも、こんなことができるのだ(図1、図2)。

図1 iPad上のSafariで開いたWord文書。パソコンで作ったのとほぼ同じレイアウトとなっており、閲覧するには十分使える。
図1 iPad上のSafariで開いたWord文書。パソコンで作ったのとほぼ同じレイアウトとなっており、閲覧するには十分使える。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 これをWebアプリで編集しているところ。テンプレートで作ったヘッダーなどは表示されず、レイアウトは崩れてしまっているが、本文はかなり細かく編集できる。ただし、タッチ操作で微妙な修正をするには相当な熟練が必要だ。
図2 これをWebアプリで編集しているところ。テンプレートで作ったヘッダーなどは表示されず、レイアウトは崩れてしまっているが、本文はかなり細かく編集できる。ただし、タッチ操作で微妙な修正をするには相当な熟練が必要だ。
[画像のクリックで拡大表示]