PR

主なSNS投稿を、インスタで済ませてしまっている…

 パソコン、ネット、スマホ、そしてSNSが大好きな筆者。これらなしには過ごせない毎日。巡回するSNSはTwitter、Facebook、Google+などなどで、普通の「ネット民」のような生活をしている。だが複数のSNSに、それぞれ投稿を行うのは面倒くさい。

 一時期は、TwitterとFacebookとmixiあたりに同時投稿できるツールを使っていた。だが、各SNSの「空気」の違いに文章がついていかないので、使うのをやめてしまった。“物書き”でありながら、SNSで長々と文章を書き綴るのが面倒で、とにかくシンプル好きだという事情もある。

 そんなこんなで、最近落ち着いているのが、インスタ。Instagram(インスタグラム)という、iPhoneが発祥の“画像SNS”だ。Wikipediaによれば、こういうものだ。

インスタグラム(英語: Instagram)は、無料の画像共有(英語版)アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラス(英語版)といった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。iPhone, iPod touch, iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスに適応する。また2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。

コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの画像はすべて正方形である。

 説明にある通り、スマホで画像を撮影して、インスタントカメラ風のエフェクトを施してアップロードする。エフェクト無しで、正方形に切り抜くだけでもOK。ちょっとしたテキストや、位置情報を添えることもできる。

図1 Instagramの編集画面。正方形に切り取ったあと、まわりをぼかしたり、レトロ調なフィルターをかけたりできる。
図1 Instagramの編集画面。正方形に切り取ったあと、まわりをぼかしたり、レトロ調なフィルターをかけたりできる。
[画像のクリックで拡大表示]