PR

 ここ2回にわたって、JavaScriptでGoogleの各種サービスを制御できる「Google Apps Script」について解説してきました。前々回は和暦と西暦の対照表を作成し、前回は毎日自分に英単語をメール送信するプログラムを作成しました。

 Google Apps Scriptシリーズ3回目の今回は、Gmailの機能を利用して、メールの自動返信プログラムを作ってみます。例として、「天気を教えて」と件名に書かれたメールに対して、自動的に天気予報を返信するプログラムを作ってみましょう。

メールを送ると自動的に天気予報をを返信します。
メールを送ると自動的に天気予報をを返信します。
[画像のクリックで拡大表示]

お天気返信プログラムの紹介

 今回のプログラムでは、Gmailの受信トレイの中を定期的にチェックします。もし「天気を教えて」という件名のメールが届いていれば、その時点で最新の天気を調べて、自動的にメールで天気を返信します。

 天気情報の取得にはLINE社が提供する「livedoor天気情報」の「Weather Hacks」というサービスを使います。JavaScriptプログラムからWebサービス(JSON)で天気情報データを取得できるというものです。

 自動返信プログラムを利用するには、Google Apps Scriptでプログラムを作り、定期的にプログラムが実行されるようトリガーを設定します。トリガーについては、前回詳しく解説しましたね。

 それでは、Google Apps Scriptのページを開いて、プログラムを作ってみましょう。

Google Apps Scriptのページ開く

 まず、Google Apps Scriptのページを表示します。Googleにログインしていなければ、Googleアカウントを入力してログインしてください。

Google Apps Scriptのページを開くと「スクリプトを作成」のダイアログが表示されます。
Google Apps Scriptのページを開くと「スクリプトを作成」のダイアログが表示されます。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料