PR

 最近ではゲリラ豪雨が日常化しており、ちょっとやそっとの激しい夕立くらいでは驚かなくなっている。買い物帰りのおばちゃんがスーパーの出口で空を見上げ、「またゲリラかぁ」とつぶやいていた。

 こうなるとゲリラ本来の「遊撃戦と呼ばれる不正規戦闘を行う民兵またはその組織のこと」から大きく離れていてなんだか滑稽である。一方、昨日も駅で一見軟弱そうなサラリーマン風の若者が、雨雲を見上げ「これくらい、たいしたことねぇんじゃねぇ」ともつぶやいていた。心強いなぁ。

 そして彼は黒のブリーフケースからタブレットを出し、何かアプリを立ち上げ雨雲の移動を見ている。そして「やっぱ大丈夫だ」。落ち着いたもんだと感心し次の瞬間、空が真っ黒になり突然横殴りの雨。彼は靴や服はどうでもよくよろけながらタブレットの液晶を「やべぇ、やべぇ」と死守していた。動きが実に滑稽でヤバかった。そして画面を見ながら、どっちが間違っているのか? という感じで「アレ? あれぇ」と言っていた。

 現実は目の前の大雨しかないのだよ、兄ちゃん。これまた現代の風景である。

 かくいう僕も例外に漏れずタブレッター!? である。先日、台湾で感化され帰国して即入手したNexus 7。台北に本社があるASUSが製造。それをグーグルが販売している端末である。いじっていて初めて、こちらの会社を「エイスース」と呼ぶことを知った。ずっとどういうわけだかアスースだと思っていた。どうしてだろ? きっと沖縄のちょっと先だからだろうか……。

 それはそうと、設定の際、日本語が見つからず英語で設定してしまった。もちろん後で日本語にできるので慌てることはない。家電と言えば取り扱い説明書であるが、この手のものは、どんどん触りながらなんとなく感じてゆくのがいいかもしれない。いじりつつ、分からない箇所を説明書やWebを見ながらいろいろ情報が入ってくる。

 何しろバッテリーがすごい。メーカーによると「8時間以上のHD動画再生や、10時間のウェブブラウジングや読書~」とある。すごいぞ。7型という大きさといい、新幹線での映画に最適だ。たぶん愛用のプラントロニクスのBluetoothヘッドホン「BackBeat GO」(関連記事:iPod touchに「きしめん」ケーブルのBluetoothヘッドセットを装着だ)の方が先にバテでしまうかもしれないが、いい組み合わせになりそうだ。

 映像も、試しに動画を観てみるも美しい。

 フムフム。小さなことだがAdobe Flash Playerを入れることでタブレットでFlashが見られるのもいい。Androidは、アプリの数、種類が相当あって面白いということを改めて知った。kindleアプリも導入。読み比べると、漫画は楽しいが、やはり活字の場合はKindle Paperwhiteの方が見やすかった。