PR

 今回は、定番とも言えるアプリ「Pocket」を紹介する。いわゆる“後でよむ”サービスを使うためのアプリなのだが、まずはその仕組みから簡単に紹介していこう。

 Webページの閲覧は、ささっといろいろなページを開いていき、興味や関心のあるサイトを見つけたらじっくり読む――こんなパターンが多いだろう。特にキーワード検索をした場合には、Googleなどでヒットしたページをとりあえず開いて内容をざっと確認して、複数を比較してから、ここぞと思ったページを読み込むケースも少なくない。

 このように、「後で読もう」と考える場面は少なくないのだ。こんなときにはブックマークを使うとよいのだが、完璧に役立つわけではない。そもそも、1度しか読まないページをブックマークしてしまうと、数が増えすぎて混乱する。後々整理すればよいのだが、ついつい放置して山のようにたまってしまう……。

 こんなときに役立つのが後で読む読むサービスだ。後で読もうと思ったWebページを登録しておき、読んだものにチェックを付けると消していける。ブックマークとの違いはここで、ひんぱんに訪れるページを登録しておくわけではないのだ。ブックマークは繰り返し開くサイトに利用し、Pocketは後ほどじっくり読むためにと、使い分ければいいのだ。

 しかも、後で読むサービスは複数の製品で同様に使える。会社や自宅のパソコンで登録したWebページを、出先のAndroidタブレットで読むこともできる。スマホではちょっと画面が狭いが、タブレットならWebを読むには最適なので、超おすすめのツールなのだ。

Pocket 
カテゴリ:ニュース&雑誌/価格:無料


[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

Pocketをインストールしたらまずはアカウントを作成する。
Pocketをインストールしたらまずはアカウントを作成する。
[画像のクリックで拡大表示]