PR

 新しいiPhoneが発表された。今回はマスコミ向けの試用で少し触れることができたので、気になる新モデルの質感を中心に、通常の連載公開日を1日前倒しして速報をお届けしよう。

 今回発表されたのは2モデルで、iPhone 5sはiPhone 5の進化版と考えてよいだろう。外観もほぼ同様だが、指紋センサーを内蔵したホームボタンやLEDを2つ内蔵した「True Toneフラッシュ」の部分など細部のデザインが変更されている。とはいえ、ひと目では違いが感じられない小さな変更だ。ただし、本体カラーは変更されている。液晶部分が白いシルバーは前モデルとほぼ同様だが、黒がなくなってスペースグレイが追加された。こちらは背面や側面の黒の部分が濃いグレーになったと考えればよいだろう。さらに、ゴールドも追加されている。液晶の周囲はホワイトで、背面や側面が金色だ。

 ゴールドと聞いただけで、少々嫌らしく感じる方もいるだろう。また、中国向けの色ではないかという報道も目にしたが、実物は落ち着いたシャンパンゴールドといった印象で、清潔感がある良い色だ。目新しさもあって、相当な人気になるはずだ。

iPhone 5sに新たに加わった「ゴールド」は、落ち着いたシャンパンゴールド調。高級感も抜群だ。
iPhone 5sに新たに加わった「ゴールド」は、落ち着いたシャンパンゴールド調。高級感も抜群だ。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

iPhone 5sでは、指紋センサーを内蔵したホームボタン(上)や、LEDを2つ内蔵した「True Toneフラッシュ」の部分(下)など細部のデザインが変更されている(アップルのホームページより)。
iPhone 5sでは、指紋センサーを内蔵したホームボタン(上)や、LEDを2つ内蔵した「True Toneフラッシュ」の部分(下)など細部のデザインが変更されている(アップルのホームページより)。
[画像のクリックで拡大表示]