PR

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まった。そして日本のお家芸レスリングの存続も決まった。開催や存続に力を注いできた人々が見せた決定の瞬間の表情は、ロンドン五輪で勝利した人々と同じ素晴らしい笑顔だった。彼ら、彼女たちの努力を称えるとともに、招致プランを振り返りつつ(図1)、私たちが五輪に向けてできることを考えてみたい※1

図1 東京2020オリンピック・パラリンピック申請ファイルと立候補ファイル(出所:http://tokyo2020.jp/jp/)。
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年には遠くロンドンの開催で、大きな時差があったにもかかわらず、あれほどの感動を与えてくれた日本の若き選手たちである。2020年の東京では、さらに、若き選手たちが大きな感動を与えてくれるに違いない。

 ロンドンでは日本選手団のフェアな戦いぶりが輝いていた。それは、物質的な豊かさと精神的な豊かさをともに獲得した国家に暮らす人々だけに許される伸びやかさと明るさを兼ね備えたものだった。

 貧しさを乗り越え、追いつけ、追い越せと、個人を捨てた努力を強いられた成長の時代には、日本人選手でさえ国家を背負わされ、オリンピックを楽しみたいと口にしながらも、国民の期待というプレッシャーに負けて涙を流した選手たちが多かった。

 豊かな国が開催するオリンピックである。私たちは、日本の選手を応援するとともに、成長期にある世界の選手たちに、伸びやかに明るくフェアに競技に臨める環境を提供したい。

 五輪招致の最終プレゼンで滝川クリステルさんが伝えた「お・も・て・な・し」は、漢字で書けば「お持て成し」で、その意味は、とりなす、待遇する、歓待する、世話をする、もてはやすといったものだから、相手をおもんぱかり気持ちよく過ごせるようにするといったところだろう。

 この文化は、世界のリーダーで構成されるIOC総会のメンバーに感動を与えたように、ネット時代の人間が取るべき態度として世界に誇るべきものである。

 情報社会に生きる若者たちを見てほしい。情報通信の双方向性がそうさせるのだと思うが、彼らは、相手の気持ちをおもんぱかり、協調を好み、対立を好まない。ネットなどで若者が表す中国や韓国への嫌悪感も、これらの国の対立的な行動に憤りを感じているのであって、自らが対立的な態度を取って相手国をけん制するといった不正義は好まない。むしろ、ナショナリズムを煽ってしまうのは、競争を重んじる古い世代を反映したマスコミや国家なのかもしれない。