PR

 日経パソコンが2013年7月2日に発行した電子書籍『10年後の教室』が、アマゾンの電子書籍端末「Kindle」シリーズでご利用いただけるようになりました。9月11日より、「Kindleストア」での販売を開始しています。Kindleの無料アプリをインストールすれば、iPhone/iPadやAndroid端末でも閲覧が可能です。

 『10年後の教室』は、「教育とICT Online」で連載していた、東京大学大学院情報学環の山内祐平准教授によるコラム「10年後の教室」(2012年4~9月に連載)をベースに、新たな調査研究を加えた完全オリジナルの電子書籍です。同大学院の研究生7名が、「21世紀型スキル」「反転授業」「オープン教育」「デジタルポートフォリオ」「専門職学習ネットワーク」「ソーシャルラーニング」「グローバルラーニング」という7つのテーマについてリポートしています。いずれも、教育の情報化における注目のキーワードです。

 7月に「日経BPストア」で発売しましたが(関連記事)、8月には「GALAPAGOS STORE」「紀伊國屋書店」「BookLive!」「honto電子書籍ストア」「楽天kobo」「Reader Store」に対応。今回、Kindleストアでの配信が始まり、パソコン、タブレット、スマートフォン、電子書籍端末と、読める端末やサービスが広がっています。

 山内准教授の指導・監修の下、国内外の事例や研究を紹介した本書は、情報通信技術(ICT)が導く教育の未来像を示唆するものです。教育に携わる方のみならず、幅広くお読みいただければ幸いです。

[画像のクリックで拡大表示]