PR

 米アップルが2013年9月10日(現地時間)に発表したスマートフォン「iPhone 5s」と「iPhone 5c」。日本ではNTTドコモからも販売されることになり、話題騒然になっている。

 韓国でも、やはりiPhone 5sと5cは話題になっている。去年の「iPhone 5」の時と同様、またもや5sと5cは日本で先に発売される。韓国での発売は今年11月以降になりそうだ。今回は5sと5cを先行発売する国から個人輸入してMVNOで使える道が開けた。「キャリアの補助金なしでもいいから早くiPhone買いたい!」と心待ちにしているユーザーも少なくない。

指紋認証やカメラ機能、処理速度向上などが話題になっている「iPhone 5s」
指紋認証やカメラ機能、処理速度向上などが話題になっている「iPhone 5s」
[画像のクリックで拡大表示]

韓国メディアはiPhone 5s/5cを酷評

 海外のメディアは、スティーブ・ジョブズがいた頃のようなあっと驚かせるところはなくても、iPhone 5sの指紋認証やカメラ機能改良、A7チップ搭載で処理速度が高くなった点、常に動きを感知して最適の状態にするモーションプロセッサーM7を搭載したところなどを高く評価している。

 それに対し、韓国メディアは酷評しているケースが多い。「iPhone 5sと5cは期待外れ」「新作発表後アップルは株価下落、サムスン電子は株価上昇」「5cは値段が高すぎて低価格スマホとは言えない」「指紋認証なんていらない無駄な機能」など、韓国メディアでは異常なほどアップルを批判する記事が多いのに驚いてしまった。

 「iPhone 5sと5cを少しでも褒めるとサムスンから広告もらえなくなるのか?」と突っ込みたくなるほどである。韓国にいると、iPhone 5sと5cについての中立的な情報を得るには、海外メディアの記事と、国内ブログのレビューを頼るしかない。