PR

韓国ではサムスンの大型新製品発売が間近

 韓国内でも世界市場でも、スマホはサムスンの「GALAXYシリーズ」が最も売れている。サムスンは9月5日、新しいスマホ「GALAXY Note 3」と腕時計型のウエアラブル端末「GALAXY Gear」を公開したばかりである。

 GALAXY Note 3は、5.7インチSuper AMOLEDディスプレイの大画面に1310万画素カメラ、3200mAhの大容量バッテリーに重さは182gというスペックで、前の機種に比べ使いやすくなった。韓国のスマホユーザーは写真撮影が大好きで、特に「セルフカメラ」と呼ぶ自分撮りが大好きである。Wi-Fiが使える場所が多いので、テレビドラマの再放送やバラエティー番組のクリップ動画などを移動中に視聴する人も多い。通常の画面サイズのスマホは「小さすぎて目が痛い」と不評。韓国のWebサイトは未だにAdobe Flashのコンテンツが多いので、(iOSが動くiPhoneシリーズではなく)Android OSが動くGALAXYでないとネット閲覧が不便だという面もある。

Androidスマホの「スミッシング」詐欺が脅威に

 しかし最近、Androidスマホを狙った「スミッシング」が多発しており、「安全なiOSに乗り換えるべきなのではないか」と考えるユーザーが増えている。Twitterやブログ、韓国メディア記事のコメント欄の反応などを見ると、悩んでいるユーザーが多いのが分かる。

 韓国のスミッシングは、ショートメッセージ(SMS)とフィッシング(phishing)を組み合わせた造語。知人の電話番号からURL入りのSMSが送られてきて、そのURLをクリックすると悪性コード(マルウエア)に感染する。悪性コードを通じてハッカーにスマホを勝手に操作され、知らない間に有料アプリの決済を繰り返したり、モバイルショッピングサイトを経由して金品を盗まれたりするという、新しい金融詐欺である。

 アドレス帳に登録してある友人の電話番号から「結婚することになりました!」とか、「最近仕事がうまくいかなくてお金に困っている」といった内容のSMSとURLが送られてくると、気になってついクリックしたくなるものだ。ハッカーがスマホ内に保存された個人情報を盗み見して友人になりすましてSMSを送るので、従来型の「迷惑メール」に比べて引っかかってしまいやすい。