PR

 現在、次男・松居大悟が、福岡に帰ってきている。3日間だけどね。彼が監督した映画「男子高校生の日常」が、10月12日に全国公開されるのよ。東京では、シネリーブル池袋など。福岡ではキャナルシティユナイテッドシネマで公開されます。どうぞ高校生にお知り合いのいらっしゃる方、口コミお願いいたします。あ、今は口コミじゃなくて、つぶやいたりLINE使ったりとかですね。

 さて。作品は。漫画原作、テレビもアニメ化、若い層には大人気。その実写化です。主演の3人が、今グングン来ている子たちなんです。

[画像のクリックで拡大表示]

 菅田将暉君は、映画「共喰い」などで主演してます。野村周平君は、トコ的には、梅ちゃん先生の家に下宿していた東北の子。吉沢亮君は、仮面ライダーフォーゼに出演していたイケメンよ。

 さらに、地元としては、山本美月ちゃんが福岡出身。そんな映画なら、話題性は十分ではありませんか。そこで、トコ、福岡のマスコミで働いている端くれとして、ここは、これまで培ってきたコネと人脈を発揮して、福岡で映画公開直前地元キャンペーンをする時だわっ、と張り切った。しかし、宣伝部には、地方キャンペーンに割ける予算はない、という。主演の3人も、メキメキ売れており、スケジュールもなかなか取れないらしいの。ならばと、トコ自腹で、監督の飛行機代を出し、この週末福岡に呼び寄せました。

 あちらこちらのテレビ番組、ラジオ番組、各種媒体の取材をブッキングしたのよ。テレビの仕事を始めて16年。最初に一緒に出演していた番組の新人ディレクターが、人気番組のプロデューサーになったりしているし。先輩の言うことには服従という掟を持つ県立小倉高校を出たのですが、その高校の後輩が番組責任者だったりと、さすがにいろいろつながりがあって。

 取材オッケーしてくれた媒体は。テレビは5番組。ラジオは4番組。新聞雑誌は10以上。おー、パチパチ。

 でも、実は下心があります。この獅子奮迅の裏には、息子の逆七光りで、トコは監督を育てた母として、徹子の部屋に出演! 踊るさんま御殿にも、母子枠で、出演を狙ってるのだ。