PR

 韓国サムスン電子のスマートフォン「GALAXYシリーズ」のユーザーは日本でも多い。韓国旅行のお土産に「スマートカバー」を買って行く日本からの旅行者をよく見かける。カラフルな本革カバー、鏡のようになる透明パネル付きカバー、高級なスワロフスキーのクリスタルを使ったハンドメイドカバーなど、大人かわいいカバーを日本より安く買えるからだろうか。

 韓国では最近、「スマートフォンケース」ではなく「スマートカバー」を使う人が増えている。スマホを守ったり、カラーや柄などおしゃれを楽しんだりするだけではなく、スマホを使いやすくする機能性を強調したのがスマートカバーである。

サムスンが「Sビューカバー」で先陣

 スマートカバーの先駆に当たるのが、サムスンの「GALAXY S4」の専用カバー「Sビューカバー」だろう。

 韓国人が大好きなおサイフ兼用(クレジットカードを差し込んで日本の「おサイフケータイ」っぽく使う)フリップ式ケースは、便利だが、液晶を覆ってしまうので時計を確認するためにはいちいちフリップをめくる面倒がある。Sビューカバーはフリップに透明窓を付けて、カバーを開けなくても時計を確認したり通話したりできるようにした。

 ディスプレイの中でもフリップの透明窓から見える部分だけ電力を消費する仕組みなので、バッテリーがすぐ消耗することもない。バッテリーカバーを外して代わりにカバーを付けるようにすることで、カバー付きの状態でも厚ぼったくならず端末を保護できるようにした。

 サムスンは2013年9月25日に世界同時発売した5.7型ディスプレイのスマホ「GALAXY Note 3」(日本ではauなどが発売予定=関連記事)にも専用のSビューカバーがある。GALAXY S4のSビューカバーより透明窓が大きくなり、よりスリムになった。端末を保護透明窓からは時計の確認に加えて、ショートメッセージや発信者番号、天気の確認、カメラとミュージックプレイヤーのコントロール、「Sヘルス」アプリの万歩計機能を利用できる。

サムスン電子のGALAXY Note 3専用「Sビューカバー」。
サムスン電子のGALAXY Note 3専用「Sビューカバー」。
[画像のクリックで拡大表示]