PR

青木家でも、アップル製品のiOS 7へのアップデートを断行

 2013年9月20日、米アップルが新型iPhone(iPhone 5sとiPhone 5c)を発表したのに伴い、従来のiOS機器も、新OSであるiOS 7(リリースは9月19日)にアップデートすれば新機能の恩恵に預かれるようになった(旧機種では一部使えないものもある)。

 1つ前のiOS 6がリリースされた時も記事に書いたように、アップルは新製品を発売するのに伴って、従来の機器でも新しい機能を使えるよう、新OSを同時にリリースすることが多い。

 筆者は、モバイル端末はわりとAndroidに傾きがち(毎週Androidの有料メルマガを書いているほど)だったり、Windows 8タブレットに手を出したりパソコンのメインドライブをSSDに替えたり、などなどでiOS機器類にあまりおサイフが回らない。そこでiOS 6の時に続いて、今回も機器はそのままでOSのアップデートだけを行った。

「まったく新しい視点」のモバイルOS

 このiOS 7、前回のiOS 6とは違い、アップルの公式説明では「モバイルOSを、まったく新しい視点から」とうたわれている。かなり仕様変更が激しいらしい。そんな理由からか、さまざまなアプリやサービスから「このサービス(アプリ)をちゃんと使いたければ、iOS 7にするのは待って」というメールが届いていて、筆者はアップデートに躊躇していたのであった。

 ところが、新しいもの好きのダンナは、いち早く自分のiPhone 4sやiPod Touch(第5世代)をiOS 7にアップデートしていた。ダンナと筆者が共用しているiPad mini(アカウントは筆者のものを入れてある)も、ついでにアップデートしてもらった。ちょこちょこ使ってみると、デザインが一番先に目に入ってきて、「えらく全体がかわいくなったな」というのが第一印象。

図1 見た目にも、やたら「かわいくなった」iPad miniのホーム画面。
図1 見た目にも、やたら「かわいくなった」iPad miniのホーム画面。
[画像のクリックで拡大表示]